JSTトップ > 先端計測分析技術・機器開発プログラム
要素技術タイプ・機器開発タイプ・ソフトウェア開発タイプ・プロトタイプ実証・実用化タイプ・開発成果の活用・普及促進
本プログラムは、最先端の研究やものづくり現場でのニーズに応えるため、将来の創造的・独創的な研究開発に資する先端計測分析技術・機器及びその周辺システムの研究開発を推進します。

開発成果 プレスリリース

2017年03月06日
医療用クラウド型「脳波解析システム NATESAS®(ナテサス)」を販売開始((株)脳機能研究所 武者 利光チームの成果の展開)
2017年02月14日
放射線発見以来初の幾何光学に基づくガンマ線画像化法を発見・実用化 −ガンマ線完全可視化により放射線利用の安全評価が正確に−(放射線計測領域 (株)堀場製作所チームリーダー、京都大学 谷森達サブリーダーの成果の展開)
2017年02月08日
モバイル遺伝子検査機の開発に成功 〜現場に持ち込み、細菌やウイルスを約10分で検出〜(日本板硝子(株) 福澤チーム)
2016年12月14日
単一分子も検出できる!高光度マルチカラー化学発光タンパク質を開発 〜複数の生命現象を高感度計測する新技術〜(大阪大学 永井チーム)
開発成果 プレスリリース 一覧

一般広報活動

2017年03月13日新着
名古屋大学・中村チームの開発成果についてチームメンバーが第49回市村学術賞を受賞しました。
2017年02月10日
大阪大学・永井チームの取り組みが、JSTNews2月号のNEWS&TOPICSで紹介されました。
一般広報活動 一覧

その他のお知らせ

2017年03月17日
当プログラムの開発成果に特化した新技術説明会を3月16日(木)に開催しました。
多くの方々にご来場いただき、誠に有難うございました。
開催場所:JST東京本部別館ホール
開催日時:平成29年03月16日(木)9:55〜15:55
その他のお知らせ 一覧

研究者のみなさまへ

JST事業・制度に関するお問い合わせやご意見のある方は下記からお寄せください。

開発成果の活用・普及促進

関連リンク



開発成果のご案内

開発成果 pick up!

swipe slide view! 
(開発成果DB)

放射線計測領域 成果集PDF
Contributing through Innovation

開発の成果 成果PDF