JSTトップ > 先端計測分析技術・機器開発プログラム
要素技術タイプ・機器開発タイプ・ソフトウェア開発タイプ・プロトタイプ実証・実用化タイプ・開発成果の活用・普及促進
本プログラムは、最先端の研究やものづくり現場でのニーズに応えるため、将来の創造的・独創的な研究開発に資する先端計測分析技術・機器及びその周辺システムの研究開発を推進します。

平成27年度 公募関連情報

2015年07月02日
本日正午、平成27年度新規採択課題公募を締め切りました。
多数のご応募、ありがとうございました。
締切以降のe-Radにおける引戻しは行わないでください(締切後に引き戻すと再申請はできません)。
面接選考会は、以下の日程を予定しています。
・最先端研究基盤領域:10月5日(月)・6日(火)終日

開発成果 プレスリリース

2015年07月16日
1,000万コマ/秒の超高速撮影と従来機比約6倍の光感度を実現した高速度ビデオカメラ「Hyper Vision HPV-X2」を発売
※本製品で使用されている高速イメージセンサに、東北大学 須川チームによる開発成果の一部が使われています。
2015年07月01日
世界最高磁場のNMR装置(1020MHz)の開発に成功〜高温超伝導体の応用が決め手 新薬創製・新物質開発の高速化にむけて大きな前進〜(物質・材料研究機構・清水チーム)
2015年06月10日
PM2.5の実態解明に貢献する「エアロゾル複合分析計」の発売について(首都大学東京 竹川チーム)
開発成果 プレスリリース 一覧

一般広報活動

2015年05月27日
三菱電機鰍フ西沢博志チームの開発した「放射能分析装置」が「第42回環境賞(日立財団/日刊工業新聞共催)」で環境大臣賞・優秀賞を受賞されました。
※放射線計測領域 実用化タイプ「低価格・高速・高精度放射能測定装置の実用化開発」(平成24年10月〜平成26年9月)
一般広報活動 一覧

その他のお知らせ

2015年08月24日新着
JASIS2015において本プログラムの成果を展示します。
日時:9月2日(水)〜9月4日(金)10:00-17:00
会場:幕張メッセ国際展示場 (ブース番号 4A-101)
※展示ブース内において、100インチディスプレイを用いて、17出展者によるショートプレゼンテーション、および事業説明を常時開催します。
また、ブース内では、大型展示物が多数出展されます。ご興味のある方は是非お立ち寄りください。
その他のお知らせ 一覧