【吉澤 一成】計算化学が先導するメタン酸化触媒の開発と触媒設計技術の創成


研究代表者

吉澤 一成

吉澤 一成

九州大学
先導物質化学研究所
教授

研究室ホームページ


研究概要

天然ガスの主成分であるメタンの直接酸化は触媒化学の最重要課題の一つです。本研究では、この反応を常温常圧で行う酵素反応の理論研究を基盤とし、これを広く均一系および不均一系触媒に展開して革新的人工触媒を実現します。進歩の著しい計算化学を武器として、理論研究をコアとした実験研究とのハブ型連携研究を実施するとともに、触媒開発の新しい研究手法を創成します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望