二酸化炭素資源化を目指した植物の物質生産力強化と生産物活用のための基盤技術の創出

1.研究領域の概要

 本研究領域は、植物の光合成能力の増強を図るとともに、光合成産物としての各種のバイオマスを活用することによって、二酸化炭素を資源として利活用するための基盤技術の創出を目的とする。具体的には、植物の物質生産能力の基本である光合成の制御機構を光合成産物の代謝や転流、及び窒素同化などとの相互作用も含めて統合的に理解し、それに基づいて光合成能力を向上させる基盤技術についての研究を推進し、植物の多様な環境への適応機構の解明に基づいた光合成能力向上や炭素貯留能向上、及び有用バイオマス産生のための基盤技術の創出を目指す。

2.CREST・さきがけ複合領域中間評価

2-1.評価報告書

「二酸化炭素資源化を目指した植物の物質生産力強化と生産物活用のための基盤技術の創出」複合領域中間評価報告書

2-2.評価委員

◎清水 昌  京都学園大学バイオ環境学部 教授/京都大学 名誉教授
 倉田 のり 大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立遺伝学研究所 系統生物研究センター長・生物遺伝資源センター長・教授
 小鞠 敏彦 日本たばこ産業株式会社経営企画部 部長
 福田 雅夫 長岡技術科学大学大学院工学研究科 教授 アジア・グリーンテック開発センター長
 松岡 信  名古屋大学生物機能開発利用研究センター/名古屋大学大学院生命農学研究科 教授
◎は委員長

2-3.研究領域評価用資料

「二酸化炭素資源化を目指した植物の物質生産力強化と生産物活用のための基盤技術の創出」複合領域中間評価用資料

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望