研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 終了課題一覧 研究課題詳細

[本文]

感染症

『ガーナ由来薬用植物による抗ウイルス及び抗寄生虫活性候補物質の研究』 伝統的なハーブの力でガーナに
ぴったりの感染症治療薬をつくれ!

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs3
山岡 昇司(東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 教授)
国内共同研究機関 長崎国際大学
相手国研究機関 野口記念医学研究所(NMIMR)、生薬科学研究センター(CSRPM)
採択年度 平成21年度(2009年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 ガーナ共和国ガーナ
研究課題の概要

ガーナ産ハーブに含まれる、感染症の有効成分を探し出す
 ガーナでは先進医療の理解と普及が十分ではなく、HIV、マラリア等の蔓延が深刻化し治療が立ち遅れている。その対策として、ガーナに自生し伝統的に感染症治療に用いられているハーブから、ウイルス複製や寄生虫増殖を抑制する有効成分を探し出す試みが行われている。ハーブがもつ有効成分の作用メカニズムを解明することで、ガーナの実情を踏まえ持続可能な感染症治療法の開発を進める。

ハーブから有効成分の抽出に成功!
 複数のハーブ抽出物がHIV感染制御に有用であることを発見し、寄生虫トリパノソーマの増殖を抑制する有効成分を突き止めた 。今後は動物実験での評価と作用メカニズム解明等をとおして医薬品開発をめざし、同時に技術移転を進めて研究開発力の定着と発展を図る。

研究実施風景
イメージ1

トリパノソーマ病原体

イメージ2


イメージ3

 

イメージ4

野口記念医学研究所寄生虫学部門で、日本人専門家により ガーナ人若手研究者への指導が行われる様子

研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書 PDF平成21年度(816KB)
PDF平成22年度(1087KB)
PDF平成23年度(2,543KB)
PDF平成24年度(2,400KB)
PDF平成25年度(1,644KB)
PDF終了報告書(2,756KB)
評価報告書 pdf中間評価報告書
pdf終了時評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト
ODAが見える。わかる。サイト
SATREPS活動事例

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る