《サイエンスアゴラオンライン》
1020日(木)~22日(土)

《前夜祭》
111日(火)

《サイエンスアゴラ実地開催》
114日(金)~6日(日)

アクセス ACCESS

No.40611月5日(土)~11月6日(日)※2日間

ブース企画

単細胞生物から学ぶ、新しい生活様式?!
The Microorganisms: Unexpected Teachers for Tomorrow's Challenge?!

北海道大学 物理エソロジー研究室
Mathematical and Physical Ethology Laboratory, Hokkaido University

場所:テレコムセンタービル 4Fブース

企画概要

img406_00

単細胞生物は約10億年間、風雨といった環境変化から大量絶滅に至るまで険しい世界を生き抜いてきました。今を生きる彼らの多様な動き・形・構造には、激動の環境で洗練されてきた仕組みが潜んでいると言えます。

ただミクロな世界に棲む彼らの生き方は、我々がそう簡単に理解できるものではありません。そこで、そんな単細胞生物の生きた姿を顕微鏡で観察しながら、彼らのポテンシャルをうまく引き出す様々な工夫や研究をご紹介します。

彼らの生存戦略から我々は何を学べるのでしょうか?そんな答えのない挑戦的な問いについて、多様な背景を持つ皆さんの気づきやアイディアを「観察ノート」に積み重ね、参加者全員で考えます。

Unicellular organisms have lived in harsh environments such as wind and rain and survived mass extinctions for few billion years. Now, we can observe a variety of cell motilities, shapes and structures sophisticated by drastic environmental changes in single cell organisms.

However, it is difficult for human to understand strategies in unicellular organisms due to the scale differences between the micro and macro worlds. Here, we will prepare the observation space with living cells in order to practice some methods we use to study the unicellular and discover their potentials.

What can we learn from their strategies? Let’s think with all the visitors by participating in sharing their ideas in some “collaboration note” on tomorrow’s challenges and the potential creativity that protists can bring!

下のボタンをクリックすると、テレコムセンタービル会場に入場いただくための事前登録ページへ移動します。

※会場におけるブースでの体験・ステージ企画の観覧については、一部を除き企画ごとの個別の事前登録は不要で、自由に参加いただけます。

page top