神経多様性に応じたチャットボットの地域連携モデルの構築および他対象・多地域展開

令和4年度採択 
ソリューション創出フェーズ

研究代表者:佐々木 銀河
(筑波大学 人間系 准教授)

協働実施者:竹田 一則
(筑波大学 ヒューマンエンパワーメント推進局 次長)

提案の概要

【解決すべき社会課題・ボトルネック】

茨城県南・つくば地区を始めとして、全国の各地で、発達障害のある人への差別や偏見を解消し、必要な支援を利用するための情報を多様な情報源から取得できる、環境整備が求められている。また、全国的に既存の障害者支援は、障害の診断に基づき決定されることが多いため、診断書はないが何らかの発達障害の可能性のある人に、支援機関からアウトリーチすることが難しい。つまり、「発達障害の診断がなく、適切な対応にアクセスできていない人への適切な対応の提供」が社会課題である。

【活用する技術シーズと解決するための手法】

「ダボット:ダックスさんの相談室」は大学生年代を中心に、定型発達から発達障害まで連続する多様な神経特性(神経多様性)のある人に有益な対処法の情報を自動提案するチャットボット(人工知能による自動応答システム)である。本プロジェクトは、ダボット利用者の困りごとを定量的に評価し、地域の支援サービスにつなぐ機能を実装することで、地域連携モデルを構築する。また、高校生、社会人などライフステージの異なる他対象に応じてダボットをカスタマイズするとともに、全国の多くの地域(多地域)に展開できる事業実施体制を構築する。

【他地域への展開想定】※1

全国的なネットワークを持つ団体が協働実施者やプロジェクトメンバーとして参画・情報発信するとともに、岡山県、秋田県を始め、各地域のステークホルダーが参画するプラットフォームを構築し、多地域展開を推進する。

※1 ソリューション創出フェーズでは、実証試験地以外の地域に取り組みを展開・普及させるための準備として、取り組みの導入に必要な適用条件や環境設定を提示する。

研究開発への参画・協力機関

  • 筑波大学 人間系
  • 信州大学 学術研究院教育学系
  • 鳴門教育大学 大学院学校教育研究科
  • 筑波大学 ヒューマンエンパワーメント推進局
  • 株式会社 Kaien
  • パーソルホールディングス株式会社
  • つくば市
  • 茨城県発達障害者支援センターCOLORSつくば
  • つくばLSC障害者就業・生活支援センター
  • 有限会社 友遊舎 カフェベルガ
  • 茨城LD等発達障害親の会 星の子
  • パーソルチャレンジ株式会社
  • 京都大学 高等教育アクセシビリティプラットフォーム
  • 高齢・障害・求職者雇用支援機構 秋田支部 秋田障害者職業センター
  • おかやま発達障害者支援センター

佐々木 銀河プロジェクト概要図

特に優先するゴール※2

  • 目標3:すべての人に健康と福祉を
  • 目標4:質の高い教育をみんなに
  • 目標8:働きがいも経済成長も
  • 目標10:人や国の不平等をなくそう

※2 特に優先するゴール、ターゲットを示しているが、SDGsの17ゴールは統合的で相互に関連しており、トレードオフにならないように留意しつつ研究開発を推進する。

TOPへ