プロジェクト紹介

山口 弘誠PM 写真

目標8 研究開発プロジェクトゲリラ豪雨・線状対流系豪雨と共に生きる気象制御

プロジェクトマネージャー(PM)山口 弘誠京都大学 防災研究所 准教授

概要

本プロジェクトでは、ゲリラ豪雨と線状対流系豪雨に対して、強度や頻度を抑制するための研究開発に取り組みます。数値気象モデル・現地観測・室内実験をベースとして、豪雨発生の根っこを弱めるための複数種類の工学的手法を開発します。さらに、それらを多時点・多段階的に実行し、かつ、豪雨制御による影響評価と社会受容性を考慮したリアルタイム制御システムを構築します。2050年には、人が自然の懐に住んでいるという意識が浸透し、豪雨制御技術が自然と親和する未来社会の形成に貢献することを目指します。

制御技術研究

2032年のマイルストーン

複数の工学的手法を併用することでより効果的に豪雨を抑制できることを示し、工学的手法を実証するための小規模な屋外実験を開始します。

2027年のマイルストーン

複数の工学的手法による豪雨の抑制効果を数値気象モデルにより定量評価し、豪雨の抑制に効果的な介入手法を特定します。

研究開発項目ごとの成果概要

研究開発テーマ構成

研究開発テーマ構成
研究開発テーマ構成

課題推進者リスト

竹見 哲也 京都大学 防災研究所 教授
山口 弘誠 京都大学 防災研究所 准教授
西嶋 一欽 京都大学 防災研究所 准教授
内田 孝紀 九州大学 応用力学研究所 准教授
鈴木 善晴 法政大学 デザイン工学部 教授
大東 忠保 防災科学技術研究所 水・土砂防災研究部門 主幹研究員
仲 ゆかり 京都大学 防災研究所 助教
萬 和明 京都大学 工学研究科 講師
田中 智大 京都大学 工学研究科 助教
羽鳥 剛史 愛媛大学 社会共創学部 准教授
竹見 哲也 京都大学 防災研究所 教授
山口 弘誠 京都大学 防災研究所 准教授
西嶋 一欽 京都大学 防災研究所 准教授
内田 孝紀 九州大学 応用力学研究所 准教授
鈴木 善晴 法政大学 デザイン工学部 教授
大東 忠保 防災科学技術研究所 水・土砂防災研究部門 主幹研究員
仲 ゆかり 京都大学 防災研究所 助教
萬 和明 京都大学 防災研究所 准教授
田中 智大 京都大学 工学研究科 助教
羽鳥 剛史 愛媛大学 社会共創学部 准教授

代表機関

京都大学

研究開発機関

京都大学、九州大学、法政大学、防災科学技術研究所、愛媛大学

PDFダウンロード