プロジェクト紹介

松浦 善治PM 写真

目標2 研究開発プロジェクト(2020年度採択)ウイルス-人体相互作用ネットワークの理解と制御

プロジェクトマネージャー(PM)松浦 善治大阪大学 微生物病研究所 特任教授

概要

ウイルスと人体の相互作用ネットワークを包括的に理解し、そのパタンを分類整理することにより、未知のウイルス感染症に対しても有効な診断・予防・治療法を先制的に準備します。それにより、2050年には、ウイルス感染症の脅威から解放された社会の実現を目指します。

2030年までのマイルストーン

未知のウイルスが出現しても、感染早期に適切な治療を開始することで、感染症の発症を未然に防ぎます。具体的には、ウイルス感染による生体反応を基に数理モデルを作成し、ウイルスを新たに分類します。さらに、ウイルス感染後の生体反応を早期に検出するバイオマーカーを同定し、各分類のウイルスに最適な診断、治療、予防法を開発します。

未知のウイルスにも有効な診断・治療法の開発

2025年までのマイルストーン

ウイルス感染の早期診断法と有効な予防・治療法の開発に向け、ウイルスを生体反応により新しく分類します。

宿主との相互作用パタンに基づくウイルスの分類

研究開発項目および成果概要

課題推進者リスト(2024年4月1日現在)

研究開発項目1 松浦 善治 大阪大学 微生物病研究所 特任教授
研究開発項目1 神谷 亘 群馬大学 大学院医学系研究科 教授
研究開発項目1 大場 靖子 北海道大学 人獣共通感染症国際共同研究所 教授
研究開発項目1 小林 剛 大阪大学 微生物病研究所 教授
研究開発項目1 安田 二朗 長崎大学 高度感染症研究センター 教授
研究開発項目1 森石 恆司 山梨大学 大学院総合研究部 教授
研究開発項目1 坂根 亜由子 徳島大学 大学院医歯薬学研究部 准教授
研究開発項目2 安友 康二 徳島大学 大学院医歯薬学研究部 教授
研究開発項目2 山本 雅裕 大阪大学 微生物病研究所 教授
研究開発項目2 竹内 理 京都大学 大学院医学研究科 教授
研究開発項目2 中島 裕史 千葉大学 大学院医学研究院 教授
研究開発項目2 澤 新一郎 九州大学 生体防御医学研究所 教授
研究開発項目2 長谷 耕二 慶應義塾大学 薬学部 教授
研究開発項目3 岡田 康志 東京大学 大学院医学系研究科 教授
研究開発項目3 岡田 峰陽 理化学研究所 生命医科学研究センター チームリーダー
研究開発項目3 池原 譲 千葉大学 大学院医学研究院 教授
研究開発項目3 鈴木 穣 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 教授
研究開発項目3 阿部 勝行 株式会社エビデント システムズエンジニアリング 部長
研究開発項目3 川上 英良 千葉大学 大学院医学研究院 教授
研究開発項目3 島村 徹平 東京医科歯科大学 難治疾患研究所 教授
研究開発項目3 岩見 真吾 名古屋大学 大学院理学研究科 教授

PDFダウンロード

関連情報