[次世代フォトニクス]新たな光機能や光物性の発現・利活用を基軸とする次世代フォトニクスの基盤技術

イベント

JST CREST International Workshop :
Novel frontiers of optics for computing

Wed, 18th July, 2018
Venue: Hitotsubashi Hall
Charge-Free

Program
Announcement
Registration

Scope:
光コンピュータは80~90年代に活発に研究されましたが、CMOSコンピュータに優位性を見出せず、研究としてはその後衰退していました。しかし、つい最近になり、新しい光技術をベースとして様々な手法の光コンピューティング技術が同時多発的に複数提案されており、CMOSプロセッサの限界打破を目指した光演算の研究が急速に活発化しています。また、これらの研究の流れは、光工学の研究者だけでなく、”More-than-Moore”技術を指向するCMOS回路・アーキテクチャの研究者からも注目を集めつつあります。そこで私たちは、この研究の流れの中で光研究者とCMOS研究者の間をつなぐために、今回「Novel Frontiers of Optics for Computing」と題するワークショップを企画することにしました。このワークショップでは、ナノフォトニクスをベースとした光ディジタル・アナログコンピューティング、光ニューラルネットコンピューティング、光アニーリングマシン、光リザーバーコンピューティングなどの新しい光計算技術に関連する著名な研究者や、関連するCMOS回路アーキテクチャの第一線の研究者を招き、最先端の研究トレンドを紹介していただきます。コンピューティングに向けた光学分野の新しいデバイス展開や新しいアーキテクチャの研究にご興味がある方は、ぜひご参加ください。

Although “optical computing” has been considered unsuccessful since 80-90’s, we are aware that very recently a stream of a wide variety of novel optical technologies for computing are suddenly arising with some synchronicity, suggesting that optics might be able to surpass CMOS computing in some way. In fact, such trend is now stimulating CMOS circuit/architecture designers who are challenging for More-than-Moore technologies.
Here, we hold a one-day workshop entitled “Novel Frontiers of Optics for Computing”, for bridging the gap between optics and CMOS researchers. and focus such new trend in optics for computing, including optical digital/analogue computing, optical neuromorphic computing, optical annealing machine, optical reservoir computing, etc.

The workshop organizers:
Dr. Masaya Notomi (NTT Basic Research Laboratories)
Prof. Tohru Ishihara (Kyoto University)
Prof. Koji Inoue (Kyushu University)

Sponsored by JST (CREST Advanced Photonics)
Contact : aps-sympo[at]jst.go.jp ※ replace [at] to @

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望