【松谷 宏紀】リアルタイム性と全データ性を両立するエッジ学習基盤

研究代表者

研究代表者画像

松谷 宏紀

慶應義塾大学
理工学部
准教授

ホームページ

研究概要

工場やネットワークサービス等で生成されるビッグデータは絶え間なく生じるストリームデータです。このようなビッグデータを学習し、異常検知や監視を自動化するには、傾向の変化をすぐさま学習結果に反映できなければなりませんが、ビッグデータの学習は時間のかかる処理です。本研究では、全データを学習に使いつつも、直近のデータを学習結果に反映可能なAI基盤を構築し、工場等を対象とした実験を通して有効性を実証します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望