【中川 博視】ハイブリッドモデリングによる環境変動適応型品種設計法の開発

研究代表者

研究代表者画像

中川 博視

農業・食品産業技術総合研究機構
農業環境変動研究センター
ユニット長

研究概要

植物の分子レベルの理解と、フィールドで育つ植物群落の成長や生産性の間には大きなギャップがある。本研究は、両者をつなぐために、遺伝情報、オミックス情報等に基づいた環境応答モデルを、圃場条件のイネの生育を記述する包括的なトップダウン型作物生育モデルに結合して構築するハイブリッド作物生育モデルを開発する。また、多数年の気象条件でのシミュレーションによって、環境変動に強いイネ品種を設計する方法を開発する。

主たる共同研究者

後藤 明俊 農業・食品産業技術総合研究機構 次世代作物開発研究センター 上級研究員
青木 直大 東京大学 大学院農学生命科学研究科 准教授
中崎 鉄也 京都大学 大学院農学研究科 准教授
山崎 将紀 神戸大学 大学院農学研究科 准教授

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望