【杉山 暁史】根圏ケミカルワールドの解明と作物頑健性制御への応用

研究代表者

研究代表者画像

杉山 暁史

京都大学
生存圏研究所
准教授

研究概要

ダイズやトマトなどの主要農作物は土壌が関わる問題により本来到達可能な収量の半分程度しか達成できていません。本研究では、作物の生育に決定的な影響を与える根の近傍(根圏)のミネラルや代謝物を診るためのマルチモーダルセンサー装置を開発し、オミックスデータと統合して人工知能技術で解釈することで、頑健性バイオマーカーを同定します。環境変動下でマーカーを検証し、食料増産に貢献する作物頑健性制御を達成します。

主たる共同研究者

藤井 義晴 東京農工大学 農学研究院 教授
櫻井 望 かずさDNA研究所 チーム長
小林 優 京都大学 農学研究科 准教授
青木 裕一 東北大学 東北メディカル・メガバンク機構 助教

概要図

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望