【宇賀 優作】ROOTomicsを利用した環境レジリエント作物の創出

研究代表者

研究代表者画像

宇賀 優作

農業・食品産業技術総合研究機構
次世代作物開発研究センター
上級研究員

研究概要

不良土壌環境で作物生産を向上させるには根の改良が不可欠です。しかし、根は土中にあり計測が困難なため、どのような形に改良すればいいのか、分かっていません。本研究では、X線CT装置を応用し、根系を含めた植物全体に対する表現型および遺伝子発現解析からオミクスデータ(ROOTomics)を取得します。これらデータから環境ストレスに頑健な根の形をモデリングします。本モデルをもとに環境ストレスに頑健な作物(環境レジリエント作物)の開発を目指します。

主たる共同研究者

林 武司 農業・食品産業技術総合研究機構 次世代作物開発研究センター ユニット長
七夕 高也 かずさDNA研究所 先端研究部 特別研究員
川勝 泰二 農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門 主任研究員

概要図

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望