【藤 貴夫】超短赤外パルス光源を用いた顕微イメージング装置の開発と生命科学への応用

研究代表者

研究代表者画像

藤 貴夫

自然科学研究機構
分子科学研究所
准教授

研究概要

本研究提案では、研究代表者が独自に開発した超短赤外パルス光源を発展させ、先進的な赤外イメージング装置や多光子顕微鏡を開発し、生体分子や生細胞、生きた動物を対象とした非侵襲のセンシング、イメージング法を確立することを提案します。これらの新規赤外分光法によって、膜タンパク質へのリガンドの作用から生細胞が制御される様子や、組織深部の細胞動態のリアルタイム計測が可能になると考えられます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望