【福田 大治】単一光子スペクトル計測によるイメージング技術開発と細胞機能ヴィジュアライザの創成

研究代表者

研究代表者画像

福田 大治

産業技術総合研究所
計量標準総合センター・物理計測標準研究部門・量子光計測研究グループ
研究グループ長

研究概要

細胞が光と相互作用したときに生じる蛍光には、細胞内の化学反応や生体分子の活動を表す様々な情報が含まれています。この蛍光や発光を、光の究極的な姿である光子として検出することで、細胞内部で起こっている生体反応のダイナミックスを可視化するのが本研究の目標です。超伝導現象を用いた光検出・多画素化技術及び単一光子スペクトル情報抽出技術等を駆使し、生細胞機能をイメージング解析する技術の実現を目指します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-X
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望