【石田 康博】殆どが水よりなる動的フォトニック結晶の開発と応用

研究代表者

研究代表者画像

石田 康博

理化学研究所
創発物性科学研究センター
チームリーダー

研究概要

光の波長の周期を持つ構造体「フォトニック結晶」は、光の性質を操る究極のツールです。「結晶」の名の通り、通常は固体で作られます。我々は昨年、99%の水に1%の無機物を加えた流体が、高性能のフォトニック結晶となることを偶然見つけました。この発見を起点に、従来の常識を覆す新材料「大面積で配向し、構造が変えられ、生体に馴染むフォトニック結晶」を開発し、高品質・高感度のイメージングやセンシングに応用します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望