【大川 恭行】細胞ポテンシャル測定システムの開発


研究代表者

大川 恭行

九州大学
生体防御医学研究所
教授

研究室ホームページ


研究概要

本研究提案では、高解像度1細胞レベルのエピゲノム解析技術の開発研究を行います。これまで困難であった、ヒストンの修飾やバリアントといった複数のエピゲノム情報の取得を、同一の細胞においてなし得る新技術を確立します。これにより、細胞が将来発現する遺伝子を予測することが可能となり、これまで不可能であった、細胞の分化・再生能力、がん化のリスク等の個々の細胞が持つポテンシャルの評価を行う新技術の確立が期待できます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ERATO
  • ACCEL
  • ACT-C
  • 国際化強化支援
  • ALCA
  • RISTEX
  • ACT-I
  • 戦略的イノベーション創出推進プログラム
  • 先端計測分析技術・機器開発プログラム
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望