【北森 武彦】拡張ナノ流体デバイス工学によるピコ・フェムトリットル蛋白分子プロセシング


研究代表者

北森 武彦

北森 武彦

東京大学 大学院工学系研究科

教授


研究概要

現在単一細胞分析の方法論・機器開発における最も大きな課題は、人(ユーザ)から細胞、少数分子に至るまで6桁に及ぶサイズ階層の乖離と、極微小空間における化学プロセシングや超高感度検出の困難さであるといえます。そこで、研究代表者らが世界を先導しているマイクロ・拡張ナノ流体デバイス工学によりこれらの技術的課題を解決します。バイオや臨床医療分野の研究者3名との共同研究により、実効性のある単一細胞分析システムを創成し、バイオ医療分野に貢献します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望