山中iPS細胞特別プロジェクト

事業概要

趣旨

iPS細胞は多方面での応用が期待されますが、真に臨床応用できるまでには解決されなければならない課題も少なくありません。本プロジェクトでは京都大学、滋賀医科大学、岐阜大学、自治医科大学と連携しながら、以下のような研究を推進しました。

研究テーマ

  1. iPS細胞の安全性の検証
  2. ヒト疾患特異的iPS細胞を用いた疾患病態解析と薬剤探索

達成目標

  1. レトロウイルスに依らないiPS細胞樹立法の開発
  2. ヒトiPS細胞とES細胞の比較解析
  3. iPS細胞の安全性の検証
  4. ヒト疾患iPS細胞による病態解明と薬剤探索

 

事業実施期間

2008年度~2012年度/平成20年度~平成24年度

 

研究総括

山中 伸弥(京都大学 iPS細胞研究センター センター長)

 

事後評価

報告書

山中iPS細胞特別プロジェクト事後評価(最終評価)報告書 PDF

事後評価委員

委員長 竹市 雅俊(理化学研究所 発生・再生総合科学研究センター センター長)

相賀 裕美子(国立遺伝学研究所 系統生物研究センター 教授)

佐々木 裕之(九州大学 生体防御医学研究所 教授)

濱田 博司(大阪大学 大学院生命機能研究科 教授)

 

業績一覧

山中iPS細胞特別プロジェクト業績一覧

クイックアクセス

終了した事業についてのご意見やお問い合わせは、下記リンクよりwebフォームをご利用ください。

お問い合わせ・ご意見・ご要望

本ページの目次

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-X
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望