【ERATO内田磁性熱動体プロジェクト】では
磁気で熱を操る新たなエネルギー材料群「磁性熱動体」の創製により、
熱電変換・熱スイッチ・磁気冷凍を含む熱工学応用の新境地を目指します。

Latest News

研究領域

研究グループ

本プロジェクトでは、物質・材料研究機構(NIMS)を中核拠点として、
物性物理・冶金学(磁石材料開発)・ナノ組織解析・熱計測・伝熱工学といった
幅広いバックグランドを有する研究者が協奏することで、磁性熱動体の創製に取り組みます。

研究グループ

総括メッセージ

本プロジェクトの核心は、従来ナノスケールでのみ利用可能であった熱とスピンの変換原理とマクロスケールにおける材料物性を結び付けることにあります。最先端のスピンカロリトロニクスの知見に基づくトランススケール材料科学と相界面制御により、ナノの世界とマクロの世界に立ちはだかる壁を乗り越え、これまで原理実証や要素機能開拓に留まっていたスピンカロリトロニクスに大きな転換をもたらします。

研究総括 内田 健一

研究総括 内田 健一
物質・材料研究機構 磁性・スピントロニクス材料研究センター
スピンエネルギーグループ 上席グループリーダー