JSTトップ > 領域トップ > 研究者 > 山口 良文

冬眠を可能とする生体状態の可視化とその誘導メカニズムの解明

山口 良文(写真)

山口 良文Yoshifumi Yamaguchi

所属機関東京大学
所属学部・学科など大学院薬学系研究科
役職准教授

研究課題概要

冬眠は、寒冷かつ餌の枯渇といった極限環境を、代謝活動を劇的に減少させ低体温状態で乗り切る驚異的な現象です。しかし、冬眠できる哺乳類と、私たちヒトを含む多くの冬眠出来ない哺乳類との差は何なのか、ほとんど分かっていません。本研究では、冬眠制御に重要な脳中枢と末梢臓器との相互作用という観点から、冬眠可能な生体状態の実体を最新の解析技術を用いて明らかにし、その制御機構の解明を目指します。その知見は、虚血再灌流障害予防、神経変性疾患、糖尿病予防などさまざまな医学的応用が期待されます。

成果

  1. Chayama, Y., Ando, L., Tamura,Y., Miura, M., Yamaguchi, Y. Decreases in body temperature and mass constitute pre-hibernation remodelling in the Syrian golden hamster, a facultative mammalian hibernator. R Soc Open Sci. 2016, in press