JSTトップ > 領域トップ > 研究者 > 三浦 恭子

超長寿げっ歯類ハダカデバネズミを用いた「積極的老化予防」機構の解明

三浦 恭子(写真)

三浦 恭子Kyoko Miura

所属機関北海道大学
所属学部・学科など遺伝子病制御研究所
役職准教授
URLhttp://www.igm.hokudai.ac.jp/debanezumi/

研究課題概要

ハダカデバネズミは平均28年という超長寿げっ歯類であり、今までに自然発生腫瘍が確認されたことが無いという特徴をもちます。本研究では、このハダカデバネズミを新たなモデル動物として起用し、分子生物学的手法を駆使することにより、老化耐性機構に関与する遺伝子群の同定と機能解析を行います。最終的には、マウスやヒトにおいて老化耐性機構を再現することを目指します。