JSTトップ > 領域トップ > 研究者 > 新藏 礼子

腸管IgA抗体による腸内細菌制御機構の解明と応用

新藏 礼子(写真)

新藏 礼子Reiko Shinkura

所属機関奈良先端科学技術大学院大学
所属学部・学科などバイオサイエンス研究科
役職教授

研究課題概要

腸内細菌叢のバランスの崩れが多くの病気の原因になることが最近わかってきました。腸内細菌叢をコントロールするにはリンパ球が作るIgA抗体がとても重要ですが、どのように腸内細菌に働きかけているか良くわかっていません。本研究では、IgA抗体が腸内細菌にどう働くかに着目し、より良い腸内環境を作るための有用なIgA抗体を明らかにします。そして、そのIgA抗体を口から飲むことでいろいろな病気の治療や予防への応用を目指します。