科学技術振興機構報 第111号
平成16年9月21日
東京都千代田区四番町5−3
独立行政法人科学技術振興機構
電話(03)5214-8404(総務部広報室)
URL http://www.jst.go.jp

戦略的創造研究推進事業(公募型研究)における平成16年度 新規採択研究代表者・個人研究者及び研究課題の決定について

 独立行政法人科学技術振興機構(理事長:沖村憲樹)は、この度、戦略的創造研究推進事業(公募型研究)における平成16年度 研究代表者・個人研究者及び研究課題を決定した。
 本事業は、国の科学技術政策や社会的・経済的ニーズを踏まえ、社会的インパクトの大きい目標(戦略目標)(資料5)を国が設定し、その達成を目指した基礎研究を進めるものである。すなわち、戦略目標のもとに研究領域を定め、研究領域の責任者である研究総括のもとで研究提案を募集・選考し、選定された研究チームまたは個人研究者が研究を推進する。
 平成16年度は、2つの新たな戦略目標の下に4つの研究領域を新設し、平成14・15年度に発足した16の研究領域とあわせて、20の研究領域にて、平成16年4月27日から平成16年6月28日の間、産官学各界の研究者から、研究領域ごとに研究提案を募集した。その結果、最終的に全体で1,325件の応募があった(資料1)
 募集締切後、研究総括及び領域アドバイザー(資料2)が、書類審査および面接審査(事前評価)を実施した。「ナノテクノロジー分野別バーチャルラボ」のチーム型研究の9研究領域については、「数学的手法に基づくモデル化・シミュレーションによりナノテクノロジー分野別バーチャルラボの研究の推進に寄与・貢献しうる研究提案」を対象として、戦略目標ごとの募集・書類選考に引き続き9研究領域全体で面接選考を行った。また、「ナノテクノロジー分野別バーチャルラボ」の個人型研究については、チーム型と同様に「数学的手法に基づくモデル化・シミュレーションによりナノテクノロジー分野別バーチャルラボの研究の推進に寄与・貢献しうる研究提案」を対象として、募集・選考を行った。
 以上の募集・選考を経て、87件の研究代表者・個人研究者および研究課題を採択した。
この発表についての問い合わせは、
研究推進部 島田【チーム型研究】(電話 048-226-5635)
瀬谷【個人型研究】(電話 048-226-5641)
特別プロジェクト推進室 甲田【ナノテクノロジー分野別バーチャルラボ】(電話 048-226-5623)
まで、それぞれご連絡下さい。
 
○チーム型研究(CRESTタイプ)
研究領域:「物質現象の解明と応用に資する新しい計測・分析基盤技術」
研究領域:「生命現象の解明と応用に資する新しい計測・分析基盤技術」
研究領域:「デジタルメディア作品の制作を支援する基盤技術」
研究領域:「量子情報処理システムの実現を目指した新技術の創出」
研究領域:「脳の機能発達と学習メカニズムの解明」
研究領域:「糖鎖の生物機能の解明と利用技術」 
研究領域:「テーラーメイド医療を目指したゲノム情報活用基盤技術」
研究領域:「シミュレーション技術の革新と実用化基盤の構築」
○個人型研究(さきがけタイプ)
研究領域:「構造機能と計測分析」
研究領域:「デジタルメディア作品の制作を支援する基盤技術」
研究領域:「量子と情報」
研究領域:「シミュレーション技術の革新と実用化基盤の構築」
○ナノテクノロジー分野別バーチャルラボ  チーム型研究(CRESTタイプ)
研究領域:「高度情報処理・通信の実現に向けたナノ構造体材料の制御と利用」
研究領域:「医療に向けた化学・生物系分子を利用したバイオ素子・システムの創製」
研究領域:「ソフトナノマシン等の高次機能構造体の構築と利用」
研究領域:「環境保全のためのナノ構造制御触媒と新材料の創製」
研究領域:「エネルギーの高度利用に向けたナノ構造材料・システムの創製」
○ナノテクノロジー分野別バーチャルラボ  個人型研究(さきがけタイプ)
研究領域:「情報、バイオ、環境とナノテクノロジーの融合による革新的技術の創製」
 
<添付資料>
(資料1) 応募数および選考数
(資料2) 研究総括および領域アドバイザー
 ○チーム型研究(CRESTタイプ)
 ○個人型研究(さきがけタイプ)
 ○ナノテクノロジー分野別バーチャルラボ  チーム型研究(CRESTタイプ)
 ○ナノテクノロジー分野別バーチャルラボ  個人型研究(さきがけタイプ)
(資料3) 選考にあたっての主な基準
(資料4) 新規採択研究代表者・個人研究者および研究課題概要
(資料5) 戦略目標
(参考1) 研究領域の概要
 ○チーム型研究(CRESTタイプ)
 ○個人型研究(さきがけタイプ)
 ○ナノテクノロジー分野別バーチャルラボ  チーム型研究(CRESTタイプ)
 ○ナノテクノロジー分野別バーチャルラボ  個人型研究(さきがけタイプ)
■ 戻る ■


This page updated on September 21, 2004

Copyright©2004 Japan Science and Technology Agency.