お知らせ

お知らせ2017年度

お知らせ2016年度

お知らせ2015年度

お知らせ2014年度

お知らせ2013年度

お知らせ2012年度

お知らせ2011年度

お知らせ2010年度

お知らせ2009年度

お知らせ2008年度

お知らせ2007年度

お知らせ2006年度

  • シミュレーション技術の革新と実用化基盤の構築
    シミュレーション技術の革新と実用化基盤の構築
    東大 原教授 (富士通 穴井チーム) George S. Axelby Outstanding Pa
    2006.12.21
  • シミュレーション技術の革新と実用化基盤の構築
    シミュレーション技術の革新と実用化基盤の構築
    東大 原教授 (富士通 穴井チーム) George S. Axelby Outstanding Pa
    2006.12.21
  • 量子と情報
    量子と情報
    第1回研究終了報告会&第7回領域会議が開催される(平成18年11月16,17日)
    2006.12.06
  • 生体と制御
    生体と制御
    第3回研究報告会開催のご案内(H19.1.27)
    2006.12.04
  • 生体と制御
    生体と制御
    第3回研究報告会開催のご案内(H19.1.27)吉田裕樹研究者が日本インターフェロン学会奨励賞を受賞
    2006.12.04
  • 生体と制御
    生体と制御
    第3回研究報告会開催のご案内(H19.1.27)さきがけライブ2006が開催されます(本領域からは3
    2006.12.04
  • 代謝と機能制御 
    代謝と機能制御 
    研究トピックス 西野邦彦研究者が多剤排出ポンプについて招待講演
    2006.12.01
  • 代謝と機能制御 
    代謝と機能制御 
    研究トピックス西野邦彦研究者が多剤排出ポンプについて招待講演お知らせ・活動状況 第3回領域会議の開
    2006.12.01
  • 代謝と機能制御 
    代謝と機能制御 
    研究トピックス研究者・研究課題 発表論文リストの更新 
    2006.12.01
  • 生体分子の形と機能
    生体分子の形と機能
    蛋白質中のジスルフィド架橋創出の仕組みを解明 Cell誌掲載 稲葉謙次・村上聡
    2006.11.28
  • 研究成果プレス発表 
    研究成果プレス発表 
    蛋白質の立体構造を正しく創りあげる 仕組みの一端(ジスルフィド結合の形成)を解明
    2006.11.17
  • 生体分子の形と機能
    生体分子の形と機能
    鋳型なしRNA合成の分子機構を解明 Nature誌掲載 濡木理
    2006.11.08
  • 研究成果プレス発表
    研究成果プレス発表
    神経細胞の突起形成メカニズムを新たに発見 (神経変性疾患の病因解明と治療に期待)
    2006.11.03
  • 光の創成・操作と展開
    光の創成・操作と展開
    櫛引俊宏研究者が「 日本レーザー医学会総会賞」を受賞
    2006.11.02
  • 代謝と機能制御
    代謝と機能制御
    お知らせ・活動状況 榎本和生研究者と小松雅明研究者が平成18年度日本生化学会奨励賞を受賞
    2006.11.01
  • 代謝と機能制御
    代謝と機能制御
    お知らせ・活動状況 榎本和生研究者と小松雅明研究者が平成18年度日本生化学会奨励賞を受賞研究者・研究
    2006.11.01
  • 生体分子の形と機能
    生体分子の形と機能
    タンパク質の立体構造変化を捉える新技術を開発 Nature Methods誌掲載 芳坂貴弘
    2006.10.31
  • ナノと物性
    ナノと物性
    シンポジウム・イベント情報 ナノテクノロジー分野 2領域合同研究報告会
    2006.10.16
  • シミュレーション技術の革新と実用化基盤の構築
    シミュレーション技術の革新と実用化基盤の構築
    第2回「シミュレーション技術の革新と実用化基盤の構築」領域シンポジウム開催のご案内
    2006.10.12
  • 情報、バイオ、環境とナノテクノロジーの融合による革新的技術の創製
    情報、バイオ、環境とナノテクノロジーの融合による革新的技術の創製
    当領域研究者 多々良 源氏が、第10回久保亮五記念賞を受賞。受賞対象:「ナノスケール磁性体における磁
    2006.10.12
  • 情報、バイオ、環境とナノテクノロジーの融合による革新的技術の創製
    情報、バイオ、環境とナノテクノロジーの融合による革新的技術の創製
    当領域研究者 多々良 源氏が、第10回久保亮五記念賞を受賞。受賞対象:「ナノスケール磁性体における磁
    2006.10.12
  • 量子と情報
    量子と情報
    第1回研究終了報告会開催(11月16日)のご案内
    2006.10.05
  • 情報基盤と利用環境
    情報基盤と利用環境
    3期生の研究報告会を開催いたします  [日時・場所:2006年12月22日(金)東京ガーデンパレス
    2006.10.05
  • 研究成果プレス発表
    研究成果プレス発表
    ミトコンドリアゲノム変異が男性不妊の原因に (男性不妊の効果的な治療法や新薬開発に期待)
    2006.10.03
  • 代謝と機能制御
    代謝と機能制御
    研究トピックス 深田正紀研究者がシナプス伝達に関する研究成果をScienceに発表
    2006.10.02
  • 構造制御と機能
    構造制御と機能
    分子科学研究所の江東林研究者が平成18年度高分子学会Wiley賞を受賞
    2006.09.21
  • シミュレーション技術の革新と実用化基盤の構築
    シミュレーション技術の革新と実用化基盤の構築
    さきがけライブ2006 開催のご案内
    2006.09.21
  • 構造制御と機能
    構造制御と機能
    東京大学の平岡秀一研究者が平成18年度錯体化学会研究奨励賞を受賞
    2006.09.17
  • 光と制御
    光と制御
    ナノテクノロジー分野2領域(「ナノと物性」「光と制御」)の合同研究報告会(計12名)の詳細が決まりま
    2006.09.12
  • 科学技術振興機構
    科学技術振興機構
    戦略的創造研究推進事業(CRESTタイプ、さきがけタイプ)における 平成18年度新規採択研究代表者
    2006.08.31
  • 科学技術振興機構
    科学技術振興機構
    戦略的創造研究推進事業(CRESTタイプ、さきがけタイプ)における 平成18年度新規採択研究代表者
    2006.08.31
  • 構造機能と計測分析
    構造機能と計測分析
    林 久史研究者 第3回堀場雅夫賞を受賞
    2006.08.24
  • 生体分子の形と機能
    生体分子の形と機能
    多剤耐性菌の薬剤認識・排出メカニズムを解明 Nature誌掲載 村上聡
    2006.08.18
  • 研究成果プレス発表
    研究成果プレス発表
    細菌の薬剤耐性化をもたらす薬剤認識・排出メカニズムを解明(病原性細菌の耐性化問題の克服に期待)
    2006.08.17
  • 代謝と機能制御 
    代謝と機能制御 
    研究トピックス 田中元雅研究者がプリオン研究の成果をNatureに発表
    2006.08.11
  • 代謝と機能制御 
    代謝と機能制御 
    研究トピックス 田中元雅研究者がプリオン研究の成果をNatureに発表研究者・研究課題 発表論文リス
    2006.08.11
  • 代謝と機能制御 
    代謝と機能制御 
    研究トピックス 田中元雅研究者がプリオン研究の成果をNatureに発表領域関係者ページ 平成18年度
    2006.08.11
  • 代謝と機能制御 
    代謝と機能制御 
    研究トピックス 田中元雅研究者がプリオン研究の成果をNatureに発表領域関係者ページ 第2回領域会
    2006.08.11
  • 代謝と機能制御 
    代謝と機能制御 
    研究トピックス 田中元雅研究者がプリオン研究の成果をNatureに発表領域関係者ページ JDream
    2006.08.11
  • シミュレーション技術の革新と実用化基盤の構築
    シミュレーション技術の革新と実用化基盤の構築
    九大 青木研究者(さきがけ)  高分子の効率的電子状態計算のためのElongation 法プログラム
    2006.08.03
  • ナノと物性
    ナノと物性
    二期生研究報告書
    2006.08.01
  • 生体分子の形と機能
    生体分子の形と機能
    生体内硫化反応における酵素触媒メカニズムを解明 Nature誌掲載 濡木理
    2006.07.31
  • 情報基盤と利用環境
    情報基盤と利用環境
    14年度研究者 五十嵐 健夫が、コンピュータグラフィックスとインタラクティブテクニックに関し、新しい
    2006.07.31
  • 研究成果プレス発表
    研究成果プレス発表
    生体内の硫化反応における新しい酵素触媒メカニズムを解明 (酵素を用いた触媒工学や合成化学の産業応用の
    2006.07.27
  • 生体分子の形と機能
    生体分子の形と機能
    生命誕生初期のタンパク質合成メカニズムを解明 Science誌掲載 濡木理
    2006.07.11
  • 生体分子の形と機能
    生体分子の形と機能
    第20回独創性を拓く先端技術大賞特別賞を受賞 井上豪・高野和文・村上聡
    2006.07.05
  • 代謝と機能制御 
    代謝と機能制御 
    研究者・研究課題 阿部郁郎研究者が招待講演
    2006.07.01
  • 研究成果プレス発表
    研究成果プレス発表
    生命誕生初期のタンパク質合成メカニズムを解明 (新しいアミノ酸をタンパク質に組み込む技術開発に期待)
    2006.06.30
  • 研究成果プレス発表
    研究成果プレス発表
    プリオン病の細胞の状態が異なる理由を解明 (神経変性疾患の治療へつながると期待)
    2006.06.29
  • 情報基盤と利用環境
    情報基盤と利用環境
    14年度研究者 本間 尚文が、「二進数系と非二進数系を統合したハードウェアアルゴリズムの高水準設計技
    2006.06.24
  • 研究成果プレス発表
    研究成果プレス発表
    脳の形成過程で不必要な神経線維が取り除かれる仕組みを解明 (グリア細胞による変性神経線維の貪食除去機
    2006.06.15
  • 生体分子の形と機能
    生体分子の形と機能
    科学技術政策担当大臣賞を受賞 高野和文
    2006.06.12
  • 生体と制御
    生体と制御
    竹田美文研究総括が叙勲を受けられました。
    2006.06.02
  • 生体と制御
    生体と制御
    竹田美文研究総括が叙勲を受けられました。中川一路研究者が「日本細菌学会黒屋奨学賞」、「若手科学者賞」
    2006.06.02
  • 生体と制御
    生体と制御
    竹田美文研究総括が叙勲を受けられました。堀昌平研究者が「若手科学者賞」を受賞しました。
    2006.06.02
  • 生体と制御
    生体と制御
    竹田美文研究総括が叙勲を受けられました。高柳 広研究者(1期生)が東京テクノフォーラム21 ゴールド
    2006.06.02
  • 生体と制御
    生体と制御
    竹田美文研究総括が叙勲を受けられました。研究者等の異動を記載しています
    2006.06.02
  • 生体と制御
    生体と制御
    竹田美文研究総括が叙勲を受けられました。2・3期生の研究成果を更新(追加)しました。
    2006.06.02
  • 代謝と機能制御
    代謝と機能制御
    お知らせ・活動状況 第2回領域会議の開催案内
    2006.06.01
  • 代謝と機能制御
    代謝と機能制御
    お知らせ・活動状況 第2回領域会議の開催案内研究トピックス 村上誠研究者が FASEB Summer
    2006.06.01
  • JST基礎研究通信 
    JST基礎研究通信 
    【締切迫る!18年度研究提案募集(第2期)CREST、さきがけ】JST基礎研究通信 臨時号No.25
    2006.06.01
  • シミュレーション技術の革新と実用化基盤の構築
    シミュレーション技術の革新と実用化基盤の構築
    京大 山本研究者(さきがけ)  コロイド分散系のレオロジーと電気流体力学現象のためのシミュレータを公
    2006.05.31
  • シミュレーション技術の革新と実用化基盤の構築 
    シミュレーション技術の革新と実用化基盤の構築 
    京大 山本研究者(さきがけ)   荷電コロイド分散系に有効な新しいシミュレーション手法の開発に成功
    2006.05.26
  • 研究成果プレス発表
    研究成果プレス発表
    "膵臓形成の位置決定"の設計図を解明 (膵再生による糖尿病治療への応用に期待)
    2006.05.19
  • 構造機能と計測分析
    構造機能と計測分析
    浦野 泰照研究者 2006年Invitrogen-Natureバイオテクノロジー賞を受賞
    2006.05.18
  • ナノと物性
    ナノと物性
    湯浅新治研究者   東京テクノ・フォーラム21平成18年度ゴールド・メダル賞を受賞
    2006.04.24
  • 構造機能と計測分析
    構造機能と計測分析
    戦略的創造研究推進事業  平成18年度新規研究提案募集(さきがけ)を4月24日より開始いたしました。
    2006.04.24
  • 科学技術振興機構
    科学技術振興機構
    戦略的創造研究推進事業(CRESTタイプ、さきがけタイプ)  における平成18年度研究提案の募集開始
    2006.04.24
  • ナノと物性
    ナノと物性
    大谷啓太研究者   平成18年度文部科学大臣表彰「若手科学者賞」を受賞
    2006.04.18
  • ナノと物性
    ナノと物性
    大谷啓太研究者   平成18年度文部科学大臣表彰「若手科学者賞」を受賞 松田一成研究者   平成18
    2006.04.18
  • ナノと物性
    ナノと物性
    大谷啓太研究者   平成18年度文部科学大臣表彰「若手科学者賞」を受賞 田中健太郎研究者   平成
    2006.04.18
  • 生命現象と計測分析
    生命現象と計測分析
    上杉志成研究者  東京テクノ・フォーラム21のゴールド・メタル賞を授賞
    2006.04.12
  • 生体分子の形と機能
    生体分子の形と機能
    マイコプラズマの足のタンパク質にJ.Bac誌が注目  宮田真人
    2006.04.12
  • 構造機能と計測分析
    構造機能と計測分析
    浦野 泰照研究者   平成18年度文部科学大臣・若手科学者賞受賞
    2006.04.11
  • 構造制御と機能
    構造制御と機能
    「文部科学大臣表彰若手科学者賞」を受賞  伊丹健一郎研究者、江東林研究者、村田靖次郎研究者の3名が「
    2006.04.11
  • 情報基盤と利用環境
    情報基盤と利用環境
    15年度研究者 加賀美 聡が、「ロボット分野におけるヒューマノイドの知的行動の研究」において、平成1
    2006.04.11
  • 生体分子の形と機能
    生体分子の形と機能
    日経BP技術賞の大賞を受賞 井上豪・高野和文・村上聡 
    2006.03.24
  • 量子と情報
    量子と情報
    黒田隆研究者の研究成果「励起子のデコヒーレンス時間の直接観測」が、「量子コンピュータ素子の性能評価に
    2006.03.17
  • 情報基盤と利用環境
    情報基盤と利用環境
    小島稔、稲見昌彦(15年度研究者)らが、「Display-Based Computingの研究 第三
    2006.03.17
  • JST基礎研究通信 No.23
    JST基礎研究通信 No.23
    募集開始!戦略的創造研究推進事業 (CREST、さきがけ)第1期
    2006.03.16
  • ナノと物性
    ナノと物性
    湯浅新治研究者 平成17年度丸文学術賞を受賞
    2006.03.06
  • 生命現象と計測分析 
    生命現象と計測分析 
    楯真一研究者 第43回日本生物物理学会・札幌年会シンポジウム(2005年11月23日)「インタラ
    2006.03.06
  • 代謝と機能制御
    代謝と機能制御
    研究者・研究課題 豊島文子研究者が招待講演
    2006.03.01
  • 代謝と機能制御
    代謝と機能制御
    研究者・研究課題 豊島文子研究者が招待講演研究者・研究課題 発表論文リストの更新
    2006.03.01
  • シミュレーション技術の革新と実用化基盤の構築 
    シミュレーション技術の革新と実用化基盤の構築 
    九大 田中研究代表者(CREST)  リアルタイム宇宙天気予報システムの開発
    2006.03.01
  • 相互作用と賢さ 
    相互作用と賢さ 
    発表論文(2006年1月末現在)を更新しました。  (原島、今井、工藤、久保田、砂田、友納、長谷川、
    2006.02.27
  • 研究成果プレス発表
    研究成果プレス発表
    神経変性疾患を引き起こす緩慢な神経細胞死メカニズムを解明 (転写抑制により生じる新しい神経細胞死のか
    2006.02.14
  • ナノと物性
    ナノと物性
    尾上順研究者 平成17年度手島記念研究賞を受賞
    2006.02.13
  • 代謝と機能制御
    代謝と機能制御
    研究者・研究課題 尾池雄一研究者も多数の招待講演
    2006.02.03
  • 変換と制御 
    変換と制御 
    3期生の研究成果を掲載しました。
    2006.02.02
  • 量子と情報
    量子と情報
    北野晴久研究者がベストポスター賞を受賞(平成17年12月21日)
    2006.02.02
  • 量子と情報
    量子と情報
    北野晴久研究者がベストポスター賞を受賞(平成17年12月21日)第5回領域会議が開催される(平成17
    2006.02.02
  • 構造制御と機能
    構造制御と機能
    村田靖次郎研究者 フラーレン・ナノチューブ学会 第2回大澤賞受賞(1/8)
    2006.02.01
  • 構造制御と機能
    構造制御と機能
    村田靖次郎研究者 フラーレン・ナノチューブ学会 第2回大澤賞受賞(1/8)坂口浩司研究者 プラスチッ
    2006.02.01
  • 研究成果プレス発表
    研究成果プレス発表
    ・極性・非極性酸化物界面の原子配置と電荷状態の解析に成功 − 酸化物薄膜デバイスの精密設計へ道 −
    2006.01.23
  • 研究成果プレス発表 
    研究成果プレス発表 
    『2006第2回基礎研究報告会 光技術の最先端を探る −最新の研究成果と未来の暮らし−』開催について
    2006.01.22
  • 研究成果プレス発表 
    研究成果プレス発表 
    『2006第2回基礎研究報告会 光技術の最先端を探る −最新の研究成果と未来の暮らし−』開催について
    2006.01.22
  • 生体分子の形と機能
    生体分子の形と機能
    蛋白質ジスルフィド結合創生の基本原理解明:PNAS誌掲載 稲葉謙次・林重彦
    2006.01.17
  • 生体分子の形と機能
    生体分子の形と機能
    アミロイドβペプチド(28-42)の構造決定:FEBS誌掲載 高野和文
    2006.01.05

お知らせ2005年度

お知らせ2004年度

お知らせ2003年度以前

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)