【工藤 洋】フィールド・エピジェネティクス:環境変動下での頑健性の基盤


研究代表者

工藤 洋

工藤 洋

京都大学
生態学研究センター
教授

研究室ホームページ


研究概要

植物は、複雑な自然環境に惑わされず、必要なシグナルに応答する頑健性を備えています。ヒストン修飾、ヒストンバリアント、DNAメチル化といったエピジェネティック制御が頑健性をもたらすと考えられます。本研究では、これまで未知であった、フィールド(実環境)におけるエピゲノム動態を捕捉します。数年にわたる長期時系列エピゲノムデータの取得と、それを用いた遺伝子発現のモデリングにより、頑健性の基盤を理解します。


主たる共同研究者
角谷 徹仁 東京大学 大学院理学系研究科 教授

工藤 洋_概要図

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望