環境変動に対する植物の頑健性の解明と応用に向けた基盤技術の創出

戦略目標

「気候変動時代の食料安定確保を実現する環境適応型植物設計システムの構築」

イベント

JST CREST・さきがけ 植物領域合同シンポジウム
「植物の環境適応戦略をひもとく -JST植物科学のいま-」

日時: 2016年10月3日(月) 13:00 ~ 10月4日(火) 12:30
場所: 東京大学 弥生講堂一条ホール

詳しくはこちら

研究総括

田畑 哲之 (公益財団法人かずさDNA研究所 所長・副理事長)

概要

 本研究領域では、フィールドにおける植物の環境応答機構の包括的な理解に基づき、実用植物を分子レベルから設計する技術の確立に資する研究を推進します。具体的には、環境変動にロバストに応答する植物の特性を定量的に把握し、生長や機能の人為的な制御を可能とする新技術の確立を目指します。また、出口戦略の観点から主として実用植物を対象とし、機能マーカーやDNAマーカーなどの生物指標の同定やそれらを活用した新しい植物の開発等を試みます。
 具体的な研究開発は、分子レベルで得られた知見のフィールドまでの利用を念頭に置き、以下の3つを柱とします。1)植物の環境応答機構に関する高精度定量解析に関する研究、2)植物の環境応答機構に関するモデルの構築、3)遺伝子群の人為的再構築によって生じる植物の形質評価。
 研究領域の推進では、植物の多様な機能の定量的な把握、各種大規模データの解析やモデル化とその実証が求められることから、植物生理学に加え、育種学、生態学、統計学、情報科学、そして工学等の様々な分野の参画を促します。また、これらを包含する研究領域の総合的な運営により異分野連携を進めていきます。さらに、戦略目標の達成に向けた成果を最大化すべく、さきがけ研究領域「フィールドにおける植物の生命現象の制御に向けた次世代基盤技術の創出」、および研究領域「情報科学との協働による革新的な農産物栽培手法を実現するための技術基盤の創出」とも連携した運営を行っていきます。

 

 本研究領域は、文部科学省の選定した戦略目標「気候変動時代の食料安定確保を実現する環境適応型植物設計システムの構築」のもとに、平成27年度に発足しました。

領域アドバイザー

伊藤 隆司 九州大学大学院医学研究院 教授
太田 啓之 東京工業大学生命理工学院 教授
金子 俊一 北海道大学大学院情報科学研究科 教授
木立 尚孝 東京大学大学院新領域創成科学研究科 准教授
酒井 隆子 みかど協和株式会社 代表取締役副社長
佐藤 和広 岡山大学資源植物科学研究所 教授
高木 利久 東京大学大学院理学系研究科 教授
田中 良和 サントリーグローバルイノベーションセンター(株) 上席研究員
福岡 浩之 タキイ種苗株式会社研究農場 次長

平成27年度採択分

フィールド・エピジェネティクス:環境変動下での頑健性の基盤

研究代表者(所属)

工藤 洋 (京都大学 生態学研究センター 教授)

野外環境と超並列高度制御環境の統合モデリングによる頑健性限界の解明と応用

研究代表者(所属)

永野 惇 (龍谷大学 農学部 講師)

活性酸素生成抑制システムの非破壊評価系の確立とフィールドへの応用~危機早期診断システムの構築~

研究代表者(所属)

三宅 親弘 (神戸大学 大学院農学研究科 准教授)

フィールド向け頑健計器と作物循環系流体回路モデルによる形質変化推定技術に関する研究

研究代表者(所属)

三宅 亮 (東京大学 大学院工学系研究科 教授)

フィールド環境での栄養応答ネットワークによる生長制御モデルのプロトタイプ構築

研究代表者(所属)

柳澤 修一 (東京大学 生物生産工学研究センター 教授)

平成28年度採択分

大規模画像データに基づくゲノムと環境の相互作用を考慮した成長予測モデルの構築

研究代表者(所属)

明石 良 (宮崎大学 農学部 教授)

植物環境応答のモデル化に基づく発展型ゲノミックセレクションシステムの開発

研究代表者(所属)

岩田 洋佳 (東京大学 大学院農学生命科学研究科 准教授)

倍数体マルチオミクス技術開発による環境頑健性付与モデルの構築

研究代表者(所属)

清水 健太郎 (横浜市立大学 木原生物学研究所 客員教授)

データ科学に基づく作物設計基盤技術の構築

研究代表者(所属)

平山 隆志 (岡山大学 資源植物科学研究所 教授)

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望