【金光 義彦】ハロゲン化金属ペロブスカイトを基盤としたフレキシブルフォトニクス技術の開発


研究代表者

金光 義彦

京都大学
化学研究所
教授

研究室ホームページ


研究概要

本研究では、高品質な溶液塗布型半導体材料であるハロゲン化金属ペロブスカイトに注目し、それらの単結晶、薄膜、ナノ粒子などの様々な形態試料を作製し、フォトニクスで重要となる基礎光物性・光機能を解明します。ハロゲン化金属ペロブスカイトの実用デバイス材料としての可能性と限界について明確な結論を導くことにより、塗布型半導体の加工性と優れた光電特性を活かした特色あるフレキシブルフォトニクス技術の開発を目指します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望