研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 終了課題一覧 研究課題詳細

[本文]

環境・エネルギー(気候変動領域)

『気候変動予測とアフリカ南部における応用』 「人工地球」で南アフリカの農業が変わる!

研究代表者(所属機関) 山形 俊男(国立研究開発法人海洋研究開発機構 アプリケーションラボ 所長)
国内共同研究機関 東京大学
採択年度 平成21年度(2009年度)
研究期間 3年間
相手国 南アフリカ共和国南アフリカ
相手国研究機関 気候地球システム科学応用センター(ACCESS) 他
研究課題の概要

1年先までの気候変動を予測して、異常気象の影響を軽減
 アフリカ南部は異常気象の影響を受けやすく、その影響を軽減するため、気候変動予測技術の向上に挑んでいる。具体的には、高解像度大気海洋結合モデル(SINTEX-F)(大気と海洋がどのように影響し合うかを再現するスーパーコンピュータ「地球シミュレータ」上の仮想地球)を駆使し、1年先までの広域の気候変動を予測する。さらに、広域の予測結果を利用して、アフリカ南部に特化した気候変動予測も行う。

異常気象の解明・予測に成功。ノウハウを日本の気候予測へも応用
 南アフリカに異常気象を引き起こす南インド洋と南大西洋の亜熱帯ダイポールモード現象のメカニズムを解明した。また、2010-11年夏の大雨を予測することに成功した。今後はこの技術をアフリカ南部の農業等に適用し、さらに日本の気候予測への応用を目指す。

研究実施風景
南アフリカ側の研究チーム

季節予測結果の配信を心待ちにする、リンポポ州でトマトの生産に従事している農民たち

気候地球システム科学応用センターの関係者

ケープタウンのテーブルマウンテン。本プロジェクトによる異常気象の予測は、この麓で育てられるワイン用のブドウの生産にも役立てられる。

南アフリカ側の研究チーム

南アフリカ側の研究チーム

気候地球システム科学応用センターの関係者

気候地球システム科学応用センターの関係者

研究プロジェクトHP http://www.jamstec.go.jp/apl/satreps_sa/index.html
プレスリリース
実施報告書 PDF平成21年度(171KB)
PDF平成22年度(275KB)
PDF平成23年度(227KB)
PDF終了報告書(1,100KB)
評価報告書 pdf終了時評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト
ODAが見える。わかる。サイト
SATREPSの活動事例
PDFJST News 2013年5月号
プロジェクト紹介動画1
プロジェクト紹介動画2
国際共同研究の現場から学ぶ ~地球環境問題と日本の役割~
モナコ大公アルベール一世メダル受賞

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る

平成28年度SATREPS研究提案公募
遺伝資源の利用

お問い合わせ先

国立研究開発法人 科学技術振興機構
国際科学技術部
SATREPSグループ
電話:03-5214-8085
E-mail

〒102-0076 東京都千代田区五番町7
東京本部別館(K’s五番町)8F
アクセスマップ