プログラムの概要

ERATOの沿革

 日本が豊かな未来を切り開くため、また国際社会での然るべき貢献を十分果たすためにも、科学技術の創造的な研究、特に基礎的な研究をより一層充実させ、しっかりとした工業立国を建設していくことは不可欠な課題の一つです。

 このような認識のもとに、昭和56年(1981年)に発足した創造科学技術推進事業は、第2期科学技術基本計画や総合科学技術会議の推進戦略など、新しい時代の要請を踏まえ発展的に解消し、国の戦略目標の達成に向けた基礎研究の担い手として、平成14年度(2002年度)より戦略的創造研究推進事業 総括実施型研究(ERATO)として新たにスタートいたしました。

ERATOでは、研究総括が自らの研究構想の実現を目指して研究プロジェクトを指揮し、科学技術の源流をつくり、社会・経済の変革をもたらす科学技術イノベーションの創出に貢献します。

旧創造科学技術推進事業の先導的な研究システムに対する国内外の評価は高く、このため、戦略的創造研究推進事業 総括実施型研究(ERATO)は、(1)人中心の研究体制、(2)均一思考の排除とヘテロな研究者集団、(3)弾力性、(4)流動性という旧創造科学技術推進事業の特徴と精神を引き継ぎ、研究を推進しています。

【”ERATO”の由来】
創造科学技術推進事業の英語名称「Exploratory Research for Advanced Technology」の略である「ERATO」はギリシャ神話の詩の女神を表します。国内外で知名度の上がったERATOの名称を、戦略的創造研究推進事業への再編後も、呼称として残すことといたしました。