次世代人材育成事業とは

科学技術イノベーションを推進していくためには、次世代の科学技術を担う子供たちの育成を継続的・体系的に行うことが必要です。
このため、次世代人材育成事業では、将来学技術分野で活躍し、イノベーションを創出する人材を育成するために、学校・科学館・大学・研究機関・民間企業等と連携して

理数系に優れた素質を持つ子供たちの才能の更なる伸長理数好きの子供たちの裾野の拡大
を推進しています。

本事業の特徴

本事業は主に以下の3つの特徴を持ったさまざまなプログラムで科学技術系人材の育成に取り組んでいます。

特徴1

学校と大学等の専門機関との連携を通して児童生徒が科学的な研究手法を学び・実践し、早くからその理数系の能力を伸張させ、国際的に活躍できる人材となるよう育成する取組を推進します。

特徴2

科学の甲子園・科学の甲子園ジュニア・国際科学オリンピック等の大会の開催・支援を通して、才能ある生徒が全国規模・世界規模で切磋琢磨する機会を提供します。

特徴3

教育委員会等が中心となり、大学等の指導のもと地域の教員の理数系の指導力、さらには研究活動の指導力を向上させ、地域で自律的に科学技術系人材の育成を実施できる体制を構築するための取組を推進します。