JSTトップ > 光・量子飛躍フラッグシッププログラム(Q-LEAP) > 量子計測・センシング技術領域 > PD・SPD・AM

光・量子飛躍フラッグシッププログラム(Q-LEAP)量子計測・センシング技術領域

PD・SPD・AM

PD(プログラムディレクター)
荒川 泰彦
(東京大学ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構特任教授/JST・CREST
 量子状態の高度な制御に基づく革新的量子技術基盤の創出・研究総括)

アドバイザリーボードメンバー

令和2年5月18日 現在

PD荒川 泰彦東京大学ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構特任教授/JST・CREST
量子状態の高度な制御に基づく革新的量子技術基盤の創出・研究総括
AM
(SPD)
石内 秀美キオクシア株式会社技術改革推進部部長付
AM赤木 浩科学技術振興機構研究開発戦略センターフェロー
AM上田 正仁東京大学大学院理学系研究科教授
AM香取 秀俊東京大学大学院工学系研究科教授
AM小坂 英男横浜国立大学大学院工学研究院教授、先端科学高等研究院主任研究者
AM瀬藤 光利浜松医科大学細胞分子解剖学講座教授
AM原 勉浜松ホトニクス株式会社常務取締役
AM平山 祥郎東北大学大学院理学研究科物理学専攻教授、東北大学先端スピントロニクス
研究開発センター(世界トップレベル研究拠点)拠点長、東北大学スピントロニ
クス国際共同大学院プログラム長
AM八巻 徹也量子科学技術研究開発機構プロジェクトリーダー
AM山田 真治株式会社日立製作所研究開発グループ技師長

※ PD:プログラムディレクター
 SPD:サブプログラムディレクター
 AM:アドバイザリーボードメンバー

(アドバイザリーボードは文部科学省が設置)