SCIENCE AGORA

概要

企画タイトル IVRC LEAP STAGE(決勝大会)
Title IVRC LEAP STAGE
企画概要 VRを取り巻く環境が大きく変化した2020年、1993年の第1回から28年目を迎えるIVRCは、次の時代のVRコミュニティを生み出すため、Interverse Virtual Reality Challengeへと大きく変わります。 私たちにとってのリアルとは、もはや物理世界(universe)と情報世界(metaverse)という対比を超えて、あらゆる世界が融合(interverse)した概念となっています。 このような時代にVRはどう進化していくのか? 旧来のVRの概念を超えたチャレンジを募集し1つの視点で優劣を競うContestではなく、様々な視点からのChallengeを評価する場を創ります。 LEAP STAGEでは、SEED STAGE から進んだ 10チームがプレゼンテーションを行います。
出展者名 日本バーチャルリアリティ学会 IVRC実行委員会
Exhibitor IVRC Committee, IVRC
企画番号 1403
配信日時 11月14日(土)13:00-15:00
LEAP STAGE
出場作品
  • ・ネイバー・インベイダー: 時空警察( 電気通信大学 大学院情報理工学研究科)
  • ・テレポ腕ーション: アームワーパー(大阪大学 大学院情報科学研究科)
  • ・きっとCutKit: 完全感覚Nail Clipper(電気通信大学 情報理工学域)
  • ・AugmentedSequencer:TaniHaru(石川工業高等専門学校 電子情報工学科)
  • ・そそぎそそがせ:日本のんだくれ連合( 大阪大学 大学院情報科学研究科 )
  • ・瞼内映像投影装置:FuGu(東京大学 教養学部)
  • ・物語ハコ便:Uber Stories(電気通信大学 情報理工学域 / 大学院情報理工学研究科)
  • ・匂いの回路:9bit(慶應義塾大学 環境情報学部/総合政策学部)
  • ・老化タイムラプス:HGW(電気通信大学 情報理工学域)
  • ・在宅茶会:MHK2020(青山学院大学 総合文化政策学部)

page top