intaview
一見和彦いちみ・かずひこ
香川大学瀬戸内圏研究センター 准教授
三重県鈴鹿市に生まれ、目の前の伊勢湾が遊び場でした。一昔前は甲子園の常連校だった海星高校を卒業し、昭和の最後の年に香川大学農学部へ補欠入学。卒論で赤潮プランクトンの研究にハマり、そのまま流されるように博士課程へ。ポスドク時代を東北区水産研究所で過ごし、母校に戻ってからは干潟生態系を中心に研究しています。釣り、バードウォッチング、金魚飼育など、趣味が多過ぎてこちらに時間が割けないのが悩みの種。
海辺に住む人たちと 海域環境再生(里海創生)社会システムの構築
mov_docbtn