1. ホーム
  2. インフォメーション
  3. 鳥海プロジェクト インターネット上での人間関係やSNSの使い方について考えるマンガ教材を作成しました

鳥海プロジェクト インターネット上での人間関係やSNSの使い方について考えるマンガ教材を作成しました

2021年06月04日

鳥海プロジェクトで、インターネット上での人間関係やSNSの使い方について考えるマンガ教材を作成しました。新聞でも取り上げられるなどの反響があります。マンガ教材がほしい方は、netriskedu[at]gmail.com に問い合わせください。 ※[at]は@に置き換えてください。

この教材は、中学生が主人公です。また、主人公はバイスタンダー(傍観者)の立場で、友達に起こる出来事に関わります。必ずしも悪意がなくとも、人を追い詰めたり傷つけたりしてしまうことや、SNSを使うことで精神的に支えられることもあることなど、メリットとリスクが混在する状況を取り上げています。

いくつかの解釈ができる場面が織り込まれており、それらを授業内で示すことで、 子ども達から多様な解釈を引き出して、話し合いができるようになっています。また、教材用マニュアルや、45分授業を想定したワークシート(「ほんとうのこと」のみ)も提供しています。

image image
    「人気の裏側」(男子主人公)         「ほんとうのこと」(女子主人公)
link
鳥海プロジェクト「未成年者のネットリスクを軽減する社会システムの構築」