共創の場形成支援プログラム

国立研究開発法人 科学技術振興機構
国立研究開発法人 科学技術振興機構

共創の場形成支援プログラム(以下、「本プログラム」という。)は、将来のあるべき社会像(拠点ビジョン)の実現に向けた研究開発を推進し、プロジェクト終了後も、持続的に成果を創出する自立した産学共創拠点の形成を目指す産学連携プログラムです。令和2年度より公募を開始します。

なお既存の拠点型産学連携制度(COI、OPERA、リサーチコンプレックス、イノベーションハブ)は平成31年4月に「共創の場形成支援」として大括り化しました。

共創の場形成支援概要案内

概要(PDF:1.18MB)

新規プログラムの概要

知と人材の集積拠点である大学等のイノベーション創造への役割が増している中、これまでの改革により、大学等のガバナンスとイノベーション創出力の強化が図られてきましたが、我が国が、現在そして将来直面する課題を解決し、世界に伍して競争を行うためには、将来の不確実性や知識集約型社会に対応したイノベーション・エコシステムを「組織」対「組織」の産学官の共創(産学官共創)により構築することが必要です。

本プログラムでは、以上の状況を踏まえ、大学等を中心として、企業や自治体・市民等の多様なステークホルダーを巻き込んだ産学共創により、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に基づく未来のあるべき社会像(拠点ビジョン)を策定し、「拠点ビジョン実現のためのバックキャスト型研究開発」とそれを支える「持続的な運営が可能な産学共創システムの構築」をパッケージで推進します。

これにより、「国の重点戦略」、及び「大学等や地域の独自性・強み」に基づく産学共創拠点の形成を推進し、国の成長と地方創生に貢献するとともに、大学等による知識集約型社会への変革を促進します。

公募にあたっては、提案者の準備状況や現状体制等に応じた最適な提案を可能とするため、「本格型」と「育成型」の2つの実施タイプで提案を募集します。

「本格型」では、拠点ビジョンに基づく研究開発課題とそれを支える産学共創システムの構築を一体的に推進する提案を募集します。なお、「本格型」は科学技術分野全般(共創分野)と文部科学省が国の政策方針に基づき実施すべきと指定した分野(政策重点分野)で、それぞれ提案を募集します。

「育成型」では、拠点ビジョン、研究開発課題及び産学共創システムの構想と、「本格型」へのステップアップを目指す計画の提案を募集します。なお、「育成型」で採択されたプロジェクトは、プロジェクト終了年度に「本格型」への移行評価を実施します。

プログラムの運営体制について

<プログラムディレクター(PD)>  
PD 松本 洋一郎 東京理科大学 学長
 
<プログラムオフィサー(PO)>  
PO(共創分野) 久世 和資 旭化成株式会社 執行役員エグゼクティブフェロー
PO(政策重点分野)
量子技術分野
石内 秀美 キオクシア株式会社 技術改革推進部部長附
PO(政策重点分野)
環境エネルギー分野
菅野 了次 東京工業大学 科学技術創成研究院教授/全固体電池研究ユニットリーダー
PO(政策重点分野)
バイオ分野
佐藤 孝明 株式会社島津製作所 シニアフェロー/基盤技術研究所ライフサイエンス研究所所長

<アドバイザー(AD)>※2020.09.25時点  
AD(共創分野) 共創分野(本格型・育成型共通)アドバイザー一覧(PDF:336KB)
AD(政策重点分野)
量子技術分野
政策重点分野(量子技術分野)アドバイザー一覧(PDF:274KB)
AD(政策重点分野)
環境エネルギー分野
政策重点分野(環境エネルギー分野)アドバイザー一覧(PDF:285KB)
AD(政策重点分野)
バイオ分野
政策重点分野(バイオ分野)アドバイザー一覧(PDF:275KB)
※アドバイザーにつきましては、今後更新される場合があります。