科学技術振興機構報 第162号

平成17年 3月24日

東京都千代田区四番町5−3
科学技術振興機構(JST)
電話(03)5214-8404(総務部広報室)
URL http://www.jst.go.jp

戦略的創造研究推進事業 総括実施型研究(ICORPタイプ)における
平成16年度 研究領域および研究総括の決定について

 JST(理事長 沖村憲樹)は、このたび科学技術振興審議会(会長 相澤益男)に諮り、戦略的創造研究推進事業 総括実施型研究(ICORPタイプ)において、平成16年度発足の研究領域および研究総括を下記のとおり決定した。これらの研究領域の概要および研究総括(相手側研究総括を含む)の略歴等は資料1のとおりである。
 本年度の総括実施型研究(ICORPタイプ)については、平成16年度に終了するJSTの研究課題の総括責任者(創造科学技術推進事業(ERATO))、研究代表者(戦略的創造研究推進事業 チーム型研究(CREST)*1)、代表研究者(計算科学技術活用型特定研究開発推進事業 (ACT-JST))、個人研究者(戦略的創造研究推進事業 個人型研究(PRESTO)*2)、および、平成16年11月現在、戦略的創造研究推進事業 発展研究(SORST)で研究を行っている研究代表者を対象に研究提案の募集を行い、最終的に科学技術振興審議会で選考した。(資料2)
 また、選考の視点は資料3、選定した研究領域及び研究総括の評価は資料4のとおりである。

 *1平成13年度新規発足分までは戦略的基礎研究推進事業のもとで実施。
 *2平成13年度新規発足分までは若手個人研究推進事業のもとで実施。

【戦略目標】情報通信技術に革新をもたらす量子情報処理の実現に向けた技術基盤の構築
研究領域: 量子スピン情報
研究総括: 日本側   樽茶 清悟(東京大学 工学系研究科 教授)
オランダ側 Leo P. Kouwenhoven(デルフト工科大学 教授)
スイス側  Daniel Loss(バーゼル大学 教授)
研究期間: 平成17年3月〜平成22年3月

【戦略目標】非侵襲性医療システムの実現のためのナノバイオテクノロジーを活用した機能性材料・システムの創製
研究領域: 膜機構
研究総括: 日本側   楠見 明弘(京都大学 再生医科学研究所 教授)
インド側  Satyajit Mayor(国立生命科学研究センター 教授)
研究期間: 平成17年3月〜平成22年3月

 なお、本件に関するお問い合わせは、独立行政法人 科学技術振興機構 特別プロジェクト推進室 黒木、東までご連絡ください。(電話 048-226-5623)

(資料1)研究領域の概要および研究総括(相手側研究総括を含む)の略歴等
(資料2)平成16年度発足 研究領域および研究総括の選考手順
(資料3)選考の視点
(資料4)選定した研究領域及び研究総括の評価