事業紹介

本ページの目次

未来社会創造事業とは

新しい知識やアイデアが、組織や国の競争力を大きく左右する現代においては、新しい試みに果敢に挑戦し、非連続なイノベーションを積極的に生み出すハイリスク・ハイインパクトな研究開発を推進していくことが重要であり、第5期科学技術基本計画においても、「国は、各府省の研究開発プロジェクトにおいて、挑戦的(チャレンジング)な研究開発の推進に適した手法を普及拡大する」こととされています。

そこで、JSTでは平成29年度より未来社会創造事業を開始しました。本事業では、社会・産業ニーズを踏まえ、経済・社会的にインパクトのあるターゲット(出口)を明確に見据えた技術的にチャレンジングな目標を設定し、戦略的創造研究推進事業や科学研究費助成事業等の有望な成果の活用を通じて、実用化が可能かどうか見極められる段階(概念実証:POC)を目指した研究開発を実施します。その研究開発において、斬新なアイデアの取り込み、事業化へのジャンプアップ等を柔軟かつ迅速に実施可能とするような研究開発運営を採用します。

本事業は異なる2つのアプローチで構成されます。

探索加速型では、研究開発を、探索研究から本格研究へと段階的に進めることを原則とし、探索研究はスモールスタート方式(注1)で多くの斬新なアイデアを公募して取り入れ、アイデアの実現可能性を見極めることとします。研究開発課題は、文部科学省が定める領域(注2)を踏まえ、JSTが「科学技術で作りたい未来社会像」提案募集などを通じて設定した「重点公募テーマ」に基づき公募します。

大規模プロジェクト型では、科学技術イノベーションに関する情報を収集・分析し、現在の技術体系を変え、将来の基盤技術となる「技術テーマ」を文部科学省が特定し、その技術テーマに係る研究開発課題に集中的に投資します。

本事業ではステージゲート方式(注3)を導入します。探索加速型においては、探索研究から本格研究へ移行する際や、本格研究で実施している研究開発課題を絞り込むことで、最適な研究開発課題編成・集中投資を行います。大規模プロジェクト型においては、民間投資の誘発を図るため、研究開発途上からの企業等の資金導入を求めます。

注1)スモールスタート方式:研究開発課題を採択時には比較的少額の課題を多数採択する仕組み
注2)領域:重点公募テーマの設定に当たっての領域(区分)
注3)ステージゲート方式:研究開発を複数のステージに分け、各ステージでの評価に基づいて研究開発課題の続行又は廃止を決定する仕組み

事業概要イメージ図

未来社会創造事業パンフレット(平成30年度版) pdf(PDF: 0.8MB)

事業ロゴの説明 pdf(PDF:1.0MB )

運営体制

事業統括

渡辺 捷昭事業統括

渡辺 捷昭  元 トヨタ自動車株式会社 顧問

昭和39年4月 トヨタ自動車工業株式会社入社
昭和57年7月 トヨタ自動車株式会社に社名変更
平成4年9月  同社 取締役
平成9年6月  同社 常務取締役
平成11年6月 同社 専務取締役
平成13年6月 同社 取締役副社長
平成17年6月 同社 取締役社長
平成21年6月 同社 取締役副会長
平成23年6月 同社 相談役
平成27年7月~平成30年6月 同社 顧問

事業統括会議

浅井 彰二郎 株式会社リガク 特別顧問
阿部 晃一 東レ株式会社 代表取締役副社長
室町 正志 株式会社東芝 特別顧問
山本 尚 中部大学 教授
後藤 吉正 科学技術振興機構 理事

ガバナンス体制

事業概要イメージ図 ※探索加速型は各領域において重点公募テーマを設定。重点公募テーマの下で研究開発課題を推進。
※大規模プロジェクト型は各技術テーマの下で研究開発課題を推進



クイックアクセス

本ページの目次