大規模プロジェクト型

本ページの目次

運営統括

林 善夫運営統括

林 善夫 国立研究開発法人科学技術振興機構 開発主監

昭和47年4月 旭化成株式会社 入社
平成17年4月 同社 執行役員
平成17年8月 同社 知的財産・研究基盤部長
平成20年4月 同社 新事業本部長
平成20年6月 同社 取締役
平成21年4月 同社 上席執行役員
平成22年6月 同社 顧問
平成22年7月 独立行政法人科学技術振興機構 開発主監
平成27年4月 国立研究開発法人科学技術振興機構 開発主監(現職)

概要と技術テーマ

文部科学省から示された大規模プロジェクト型の技術テーマは以下のとおりです。
※技術テーマの内容に関するお問い合わせは、文部科学省 科学技術・学術政策局 研究開発基盤課(03-6734-4098)にお願いします。

技術テーマ

・粒子加速器の革新的な小型化及び高エネルギー化につながるレーザープラズマ加速技術(平成29年度-)
・エネルギー損失の革新的な低減化につながる高温超電導線材接合技術(平成29年度-)
・自己位置推定機器の革新的な高精度化及び小型化につながる量子慣性センサー技術(平成29年度-)
・通信・タイムビジネスの市場獲得等につながる超高精度時間計測(平成30年度-)
・Society5.0の実現をもたらす革新的接着技術の開発(平成30年度-)
・未来社会に必要な革新的水素液化技術(平成30年度-)

平成30年度の公募対象となる技術テーマの詳細は、公募ページの募集要項(第5章)をご覧ください。

採択課題一覧

技術テーマ「粒子加速器の革新的な小型化及び高エネルギー化につながるレーザープラズマ加速技術」

研究開発課題名
代表者氏名(所属機関・役職)
概要
レーザー駆動による量子ビーム加速器の開発と実証
熊谷 教孝(国立研究開発法人科学技術振興機構 プログラムマネージャー/公益財団法人高輝度光科学研究センター 名誉フェロー)
pdf
(PDF:373KB)

技術テーマ「エネルギー損失の革新的な低減化につながる高温超電導線材接合技術」

研究開発課題名
代表者氏名(所属機関・役職)
概要
高温超電導線材接合技術の超高磁場NMRと鉄道き電線への社会実装
前田 秀明(国立研究開発法人科学技術振興機構 プログラムマネージャー/理化学研究所 放射光科学総合研究センター 客員主管研究員)
pdf
(PDF:333KB)

技術テーマ「自己位置推定機器の革新的な高精度化及び小型化につながる量子慣性センサー技術」

研究開発課題名
代表者氏名(所属機関・役職)
概要
冷却原子・イオンを用いた高性能ジャイロスコープの開発
上妻 幹旺(国立研究開発法人科学技術振興機構 プログラムマネージャー/東京工業大学 理学院物理学系 教授)
pdf
(PDF:271KB)

研究開発運営会議委員

「粒子加速器の革新的な小型化及び高エネルギー化につながるレーザープラズマ加速技術」

太田 俊明立命館大学 総合科学技術研究機構SRセンター センター長・教授
加藤 義章光産業創成大学院大学 特任教授
金子 美智代トヨタ自動車株式会社 主査
濱 広幸東北大学 電子光理学研究センター センター長・教授
山田 聰国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所 客員研究員

 

「エネルギー損失の革新的な低減化につながる高温超電導線材接合技術」

大嶋 重利山形大学 名誉教授
竹腰 清乃理京都大学 大学院理学研究科 教授
田島 節子大阪大学 大学院理学研究科 研究科長・教授
長谷川 隆代昭和電線ホールディングス株式会社 取締役
濱島 高太郎東北大学 名誉教授
松下 照男九州工業大学 名誉教授

 

「自己位置推定機器の革新的な高精度化及び小型化につながる量子慣性センサー技術」

杉山 和彦京都大学 大学院工学研究科 准教授
藤原 聡NTT物性科学基礎研究所 部長・上席特別研究員
盛永 篤郎東京理科大学 名誉教授
吉田 弘国立研究開発法人海洋研究開発機構 海洋工学センター海洋技術開発部部長
萬 伸一日本電気株式会社 IOTデバイス研究所 所長代理


クイックアクセス

本ページの目次