領域とテーマ

本ページの目次

探索加速型

探索加速型では、探索研究はスモールスタート方式で公募により多くの斬新なアイデアを取り入れ、実現可能性を見極めつつ、本格研究へと段階的に研究開発を進めます。
研究開発課題は、文部科学省が定める領域※を踏まえ、JSTがテーマ提案募集(「科学技術でつくりたい未来社会像」提案募集)などを通じて設定した「重点公募テーマ」に基づき公募します。
※重点公募テーマの設定に当たっての領域(区分)。

「超スマート社会の実現」領域

平成29(2017)年度発足
運営統括:前田 章 (元 株式会社日立製作所 ICT事業統括本部 技師長)

「持続可能な社会の実現」領域

平成29(2017)年度発足
運営統括:國枝 秀世 (国立研究開発法人科学技術振興機構 上席フェロー/名古屋大学 参与)

「世界一の安全・安心社会の実現」領域

平成29(2017)年度発足
運営統括:田中 健一 (三菱電機株式会社 開発本部 技術統轄)

「地球規模課題である低炭素社会の実現」領域

平成29(2017)年度発足
運営統括:橋本 和仁 (国立研究開発法人物質・材料研究機構 理事長)

「共通基盤」領域

平成30(2018)年度発足
運営統括:長我部 信行 (株式会社日立製作所 理事/ヘルスケアビジネスユニット CSO兼CTO)

大規模プロジェクト型

大規模プロジェクト型では、科学技術イノベーションに関する情報を収集・分析し、現在の技術体系を変え、将来の基盤技術となる「技術テーマ」を文部科学省が特定し、その技術テーマに係る研究開発課題に集中的に投資します。

大規模プロジェクト型

平成29(2017)年度発足
運営統括:林 善夫 (国立研究開発法人科学技術振興機構 開発主監)

クイックアクセス

本ページの目次