探索加速型 「超スマート社会の実現」領域

本ページの目次

平成30年5月25日(金)に、「サイバー世界とフィジカル世界を結ぶモデリングとAI」ワークショップ(東京)を開催します。
詳しくはこちら

運営統括

前田 章運営統括

前田 章 元 株式会社日立製作所 ICT事業統括本部 技師長

昭和56年 株式会社日立製作所 システム開発研究所 入社
平成17年 同社 システム開発研究所 所長
平成25年 同社 情報・通信システム社 技師長

概要と重点公募テーマ

当該領域は、将来の産業創造と社会変革に向けた新たな価値の創出の視点に留意しつつ、領域横断的(横串的)な領域として設定します。具体的には、ネットワークやIoTを活用する取組を、ものづくり分野の産業だけでなく、様々な分野に広げる研究開発や、超スマート社会において、我が国が競争力を維持・強化していくための基盤技術(IoTを有効活用した共通のプラットフォームの構築に必要となる基盤技術や、先端計測技術を含む新たな価値創出のコアとなる我が国が強みを有する基盤技術)の強化などを対象とする領域とします。また、衛星測位、衛星リモートセンシング、衛星通信・衛星放送に係る宇宙に関する技術なども対象とします。
(文部科学省から示された「重点公募テーマの設定に当たっての領域(区分)」より)

【参考】超スマート社会の定義(第5期科学技術基本計画より抜粋)
必要なもの・サービスを、必要な人に、必要な時に、必要なだけ提供し、社会の様々なニーズにきめ細かに対応でき、あらゆる人が質の高いサービスを受けられ、年齢、性別、地域、言語といった様々な違いを乗り越え、活き活きと快適に暮らすことのできる社会

進行中の重点公募テーマ

多種・多様なコンポーネントを連携・協調させ、新たなサービスの創生を可能とするサービスプラットフォームの構築(平成29年度-)

平成30年度の公募対象となる重点公募テーマはこちらをご覧ください。

「超スマート社会の実現」領域についての運営統括のメッセージ PDF(PDF: 498KB)

採択課題一覧

多種・多様なコンポーネントを連携・協調させ、新たなサービスの創生を可能とするサービスプラットフォームの構築(平成29年度-)

研究開発課題名
代表者氏名(所属機関・役職)
概要
Synergic Mobilityの創出
河口 信夫(名古屋大学 未来社会創造機構 教授)
Synergic Mobilityの創出
(PDF: 775KB)
シェアード・シティ・プラットフォームの構築
竹内 雄一郎(株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所 アソシエイトリサーチャー)
シェアード・シティ・プラットフォームの構築
(PDF:789KB)
機械・人間知とサイバー・物理世界の漸進融合プラットフォーム
田野 俊一(電気通信大学大学院 情報理工学研究科 教授)
機械・人間知とサイバー・物理世界の漸進融合プラットフォーム
(PDF:738KB)
構想駆動型社会システムマネジメントの確立
西村 秀和(慶應義塾大学 大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 教授)
構想駆動型社会システムマネジメントの確立
(PDF:830KB)
超スマートシティ・サービスマネジメント・プラットフォームの構築
林 泰弘(早稲田大学 理工学術院 教授)
超スマートシティ・サービスマネジメント・プラットフォームの構築
(PDF:985KB)
データ中心で異種システムを連携させるサービス基盤の構築
松塚 貴英(富士通株式会社 デジタルビジネスプラットフォーム事業本部 シニアマネージャ)
データ中心で異種システムを連携させるサービス基盤の構築
(PDF:299KB)

研究開発運営会議委員

及川 卓也 フリーランス 技術アドバイザー
栄藤 稔 大阪大学 先導的学際研究機構 教授
新 誠一 電気通信大学 大学院情報理工学研究科 教授
谷 幹也 日本電気株式会社 セキュリティ研究所 所長
西尾 チヅル 筑波大学 大学院ビジネス科学研究科 教授
西尾 信彦 立命館大学 情報理工学部 教授
森川 博之 東京大学 大学院工学系研究科 教授
林部 尚 国立研究開発法人科学技術振興機構 未来創造研究開発推進部 調査役

 

 

クイックアクセス

本ページの目次