[情報計測] 計測技術と高度情報処理の融合によるインテリジェント計測・解析手法の開発と応用

戦略目標

「材料研究をはじめとする最先端研究における計測技術と高度情報処理の融合」

研究総括

雨宮 慶幸

雨宮 慶幸 (東京大学 大学院新領域創成科学研究科 特任教授)

副研究総括

北川 源四郎

北川 源四郎 (東京大学 数理・情報教育研究センター 特任教授)

概要

 本研究領域は、計測・解析技術の深化による新たな科学の開拓や社会的課題の解決のために、多様な計測・解析技術に最先端の情報科学・統計数理の研究を高度に融合させることによって、これまでは捉えられなかった物理量・物質状態やその変化あるいは潜在要因等の検出、これまでは困難であった測定対象が実際に動作・機能している条件下でのリアルタイム計測等を実現するインテリジェント計測・解析手法の開発とその応用を目指します。
 具体的には、2つの大きな柱で研究を推進します。1つはデータ同化、スパースモデリング、画像解析、信号処理等の広範な逆解析技術を中心にした情報科学・統計数理による計測対象の特徴量解析手法や大量データの迅速・高精度解析手法等の開発です。もう1つの柱は、上記基盤手法を具体的な計測課題に応用し、物質・材料、生命・医療・創薬、資源・エネルギー、地球・宇宙、 Web空間等、科学技術全般における新現象の発見、原理の解明や新たな知識獲得等を成し遂げることです。
 これらを通じて、新たな計測・解析手法を切り拓くことのみならず、豊かな社会の構築に資する科学技術イノベーションの創出に貢献します。

 

本研究領域は、文部科学省の選定した戦略目標「材料研究をはじめとする最先端研究における計測技術と高度情報処理の融合」のもとに、平成28年度に発足しました。

領域アドバイザー

石井 信 京都大学 大学院情報学研究科 教授
伊藤 聡 物質・材料研究機構 統合型材料開発・情報基盤部門 情報統合型物質・材料研究拠点 拠点長
伊藤 隆 首都大学東京 大学院理学研究科 教授
長我部 信行 (株)日立製作所 理事/ヘルスケアビジネスユニットCSO兼CTO
岸本 浩通 住友ゴム工業(株)研究開発本部 課長
喜多 泰代 産業技術総合研究所 知能システム研究部門 上級主任研究員
佐藤 寛子 情報・システム研究機構 特任准教授/チューリッヒ大学 研究員
高尾 正敏 元 大阪大学/パナソニック
瀧川 仁 東京大学 物性研究所 教授
民谷 栄一 大阪大学 大学院工学研究科 教授
寺内 正己 東北大学 多元物質科学研究所 先端計測開発センター 教授
西野 吉則 北海道大学 電子科学研究所 教授
樋口 知之 情報・システム研究機構 理事/統計数理研究所長
福山 秀敏 東京理科大学 理事長補佐・学長補佐

採択課題一覧

  1. 平成28年度採択課題
  2. 平成29年度採択課題

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望