【山本 英司】遺伝子情報に基づく表現型予測モデルの構築とコンピューターシミュレーション育種への応用

さきがけ研究者

山本 英司

山本 英司

科学技術振興機構
さきがけ研究者

研究概要

人口増加や環境悪化による食料不足、消費者ニーズの多様化などの食料問題には、その解決につながる作物新品種の開発が重要です。本研究では、全塩基配列解読に基づく遺伝子機能情報から収量性や品質性などの生育特性予測モデルを開発し、これを交雑育種過程におけるゲノム構成変化のコンピューターシミュレーションに応用することで、作物新品種の開発に向けた迅速かつ効率的な計画・設計技術の開発を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望