【大西 孝幸】核ゲノム-オルガネラゲノムの協調的改変による植物のエネルギー代謝系の至適化

さきがけ研究者

大西 孝幸
大西 孝幸
宇都宮大学
地域連携教育研究センター
特任准教授

研究概要

本研究では,細胞質雄性不稔形質以外のオルガネラゲノムの育種利用を世界に先駆けて提案します.オルガネラゲノムの多様性を詳しく理解し,有効活用することで,オルガネラゲノムとの関連が深い呼吸や光合成といったエネルギー代謝系を環境条件に応じて至適化させる技術を開発します.これによって,オルガネラゲノムもデザインに含まれた環境適応型植物の作出や資源節約型の持続的農業への転換を可能にします.

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望