【犬飼 義明】土壌水分変動適応型エピジェネティック情報を捉えたイネの分子デザイン

さきがけ研究者

犬飼 義明
犬飼 義明
名古屋大学
農学国際教育協力研究センター
准教授

研究概要

イネの耐乾性を高める上ではストレス下での根系の発育を促すことが有効であり、このためにはエピジェネティックな制御機構の理解が重要となります。本研究ではイネをフィールドにて栽培し、生育期間中にくり返し起こる土壌水分の変動ストレスに対するエピジェネティック情報、特に全ゲノムを対象としたヒストン修飾状態を定量的に捉えることで、新たなイネ分子デザイン法の開発を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望