【田村 正純】均一・不均一ハイブリッド強塩基触媒によるメタンのC-H活性化

さきがけ研究者

田村 正純
田村 正純
東北大学
大学院工学研究科
助教

研究概要

メチルラジカルを中間体とする反応機構とは全く異なる機構により、メタンをイオニックに活性化し触媒表面に吸着安定種として生成させることで、目的生成物を与える触媒反応の構築が期待されます。そこで、本研究では、有機化合物と金属酸化物からなる自己組織化ハイブリッド触媒を創製することにより、金属酸化物と有機化合物の界面に強塩基サイトを構築させることで、メタンのイオニック活性化による不均等開裂の実現を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望