【川嶋 宏彰】インタラクションの大規模結合による「学習場」の情報化

さきがけ研究者

川嶋 宏彰

川嶋 宏彰

京都大学
大学院情報学研究科
准教授

研究概要

学ぶ側の学習意識を引き出す状況、すなわち「学習場」の形成には、教える側の適切なインタラクションがしばしば重要となります。そこで本研究では、オープンエデュケーションの個別学習において、個々の学習者に寄り添うような学習コンシェルジュシステムを開発し連携させることで、「学ぶ側の状態をいかに推定するか」、「どのような働きかけを行うか」というインタラクション方策を、協調的に機械学習する仕組みを考案します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望