社会と調和した情報基盤技術の構築

戦略目標

「人間と機械の創造的協働を実現する知的情報処理技術の開発」「分野を超えたビッグデータ利活用により新たな知識や洞察を得るための革新的な情報技術及びそれらを支える数理的手法の創出・高度化・体系化」

研究総括


安浦 寛人 (九州大学 理事・ 副学長)

概要

情報技術は、社会の神経系としてあらゆる社会活動の基盤であり、現実の社会において、価値創造や問題解決をするための最も重要な手段となっています。新しい人工物システムは、各社会がこれまでに構築してきた文化や規範と調和ある発展が可能であるとき、その社会に受容され、そのシステムによって社会に変革(イノベーション)が生まれます。
本研究領域では、より良い社会の実現を目的とする情報基盤の要素技術の研究と、それらの技術を対象とする社会と調和させるために必要な制度や運用体制、ビジネスモデルまでも含めた総合的な議論と実践を行う場を提供します。
例えば、全世界的な気候変動への対応を目的とするような大規模な情報システムから、特定の地域(国内外)の社会問題を解決するための情報技術まで、社会的に解決すべき新しい課題を研究者自らが設定し、知的情報処理、計算機科学、センサー技術、ネットワーク技術、シミュレーション技術、ロボティクス、知的インタフェースなどあらゆる情報技術分野の要素技術の基礎研究による課題解決の手段の提供とそれを社会に受容させるまでのシナリオの構築を、具体的な現場の実問題と取り組みながら進めていく形でのフィールド型研究を実施します。
研究の推進方法としては、情報技術分野の研究者が自然科学、工学、生命科学、社会科学の研究者と連携すること、または諸分野の研究者が情報技術分野に参入することを重視します。それにより、様々な分野の研究者が相互に影響し合い、異分野横断・融合的な視点で問題解決に取り組むことで、社会と調和した革新的な情報基盤技術を創出することを目指します。さらに、研究のみならず政策立案者や産業界のメンバーとの交流の場を設定する等を通じ、情報技術による社会変革の牽引役となる将来の世界レベルの若手研究リーダーの輩出を目指します。

本研究領域は、文部科学省の選定した戦略目標「人間と機械の創造的協働を実現する知的情報処理技術の開発」「分野を超えたビッグデータ利活用により新たな知識や洞察を得るための革新的な情報技術及びそれらを支える数理的手法の創出・高度化・体系化」のもとに、平成26年度に発足しました。

平成28年度募集・選考・研究領域運営にあたっての研究総括の方針

1.背景

 近年、コンピュータや半導体の急速な進歩によって情報技術分野は飛躍的な発展を遂げており、行政、金融、教育、通信、交通など社会基盤のシステム構築や、様々なサービスの高度化と効率化に大きく貢献しています。これらの情報技術は歴史や文化、地域が異なる社会と調和しながら発展することで人々に受け入れられ、私たちの生活の基盤(社会情報基盤)として必要不可欠なものとなっています。
 しかしながら、科学技術が進展してきた現在においても、高齢化への対応(労働力人口の減少、社会保障)、国際化/グローバル化への対応、地球環境問題(CO2、森林減少、生物多様性の維持)、エネルギー供給、食料や水の供給、産業構造の変化への対応など様々な解決すべき社会的課題が山積しています。

2.提案募集する研究

 このような状況を踏まえ、本研究領域では社会と調和した情報基盤技術の構築を目指し、情報技術により社会的課題の解決に挑む研究提案を募集します。現在の情報技術分野における科学的・技術的な貢献はもちろんのこと、その研究成果が現在の社会問題に対し、どのように役立つのかという視点を含めた提案を求めます。さきがけの提案書の「研究課題要旨」には、上記の2つの観点を説明し、「研究構想」の「5.研究の将来展望」ではどのような社会問題の解決に提案する研究が貢献するかを、できるだけ具体的に記述してください。また、領域の概要でも述べたとおり、研究分野は知的情報処理、計算機科学、センサー技術、ネットワーク技術、シミュレーション技術、ロボティクス、知的インターフェイスなどあらゆる情報技術分野を対象としますが、情報技術分野の研究者からの研究提案だけでなく、自然科学、工学、生命科学、社会科学などの諸分野の研究者が情報技術分野に参入し、学際的な視点で課題解決に取り組むことも歓迎します。
 以下に解決すべき課題例を挙げますが、これに限定されるものではありません。
(例1)国際化•グローバル化への対応
(例2)社会の高齢化への対応

3.採択後に研究領域でおこなう取組み

 研究の推進にあたっては、研究者が自ら現場に入り込んで実社会の問題を認識し、基礎研究による課題解決の手段の提供とそれを社会に受容させるまでのシナリオの構築を含めた研究に取り組んでいただきます。このため本研究領域では、課題解決の視点に留まらず、さらにその1歩先を見据えて、「情報技術をベースに、将来どのような社会を構築すべきか」ということを議論する場を設けます。また、研究者の考える社会像と研究アプローチを経済界のリーダーや政策立案者へ向けてプレゼンする機会を設定します。さらには、企業の若手研究者等との議論の場を用意し、さきがけ研究の成果を将来に社会実装するための人的ネットワークの構築を促していきます。以上のような取り組みにより、さきがけ研究における自身のシナリオをより深掘りできるよう、研究領域として支援していきます。
 以下に社会的課題および解決のためのシナリオの例を挙げますが、これに限定されるものではありません。例1では、「地域固有の文化の良さを維持しつつ、国際的な多様性を受容する社会の構築」を将来あるべき社会像と想定しています。その社会像を実現するためのサービスは「言語や生活習慣を維持しつつ、異なる文化的背景を持つ人々とスムーズなコミュニケーションを実現するサービス」および「生活習慣の違いに違和感を持たない教育」であり、さらにそのサービスを提供するためには「自動言語翻訳」や「文化の違いを見える化する技術」および「異文化を受容する意識を醸成する教育プログラムとそのための教材」等の技術や製品を開発する必要があるという例です。

(例1)国際化•グローバル化への対応

1.目指すべき社会像
-地域固有の文化の良さを維持しつつ、国際的な多様性を受容する社会の構築
2.必要なサービス
-言語や生活習慣を維持しつつ、異なる文化的背景を持つ人々とスムーズなコミュニケーションを実現するサービス
-生活習慣の違いに違和感を持たない教育(経験)
3.必要な技術や製品
-自動言語翻訳
-文化の違いを見える化する技術
-異文化を受容する意識を醸成する教育プログラムとそのための教材
4.自身の研究の貢献

例2では、「社会の高齢化への対応」という観点で「高齢者がQOLを維持しつつ、できるだけ社会への負担を軽減しながら長寿を全うできる社会」という目指すべき社会像を設定した場合、「予防医学による現役年齢の延長」「高齢者の社会貢献の場の実現」等のサービスが必要と考えます。そのためには、「ビッグデータ解析を用いた疫学的な研究とその成果の社会への迅速なフィードバック」、「経験を活かした各分野のアドバイザー制度(ICTの活用によるクラウドソーシングサービスなど)」の技術が求められるという例です。

(例2)社会の高齢化への対応

1.目指すべき社会像
-高齢者がQOLを維持しつつ、できるだけ社会への負担を軽減しながら長寿を全うできる社会
2.必要なサービス
-予防医学による現役年齢の延長
-高齢者の社会貢献の場の実現
3.必要な技術や製品
-ビッグデータ解析を用いた疫学的な研究とその成果の社会への迅速なフィードバック
-経験を活かした各分野のアドバイザー制度(ICTの活用によるクラウドソーシングサービスなど)
4.自分の研究の貢献

 なお、本研究領域では、研究終了時点で研究成果の実用化や社会へのサービスの実装を目指しているわけではありません。さきがけ研究の中で社会シナリオを自ら考え、構築する力を養い、その社会の実現を見据えながら基礎研究を推進する姿勢を身につけていくことを狙いとしています。研究を推進する中で、問題が存在する現場へ自ら赴くフィールド型の研究経験や、さきがけの研究者領域内および政策立案者や企業等の社会のステークホルダとの対話・議論等を通じて、個々の研究者が将来の情報技術分野を担うリーダーとして成長することを強く期待しています。

領域アドバイザー

新井 紀子 大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所
社会共有知研究センター/情報社会相関研究系 センター長 /教授
稲田 修一 (一社)情報通信技術委員会 事務局長
稲見 昌彦 東京大学 先端科学技術研究センター 教授
木村 康則 (株)富士通研究所 フェロー
城山 英明 東京大学 法学部・大学院法学政治学研究科 教授
中小路 久美代 京都大学 学際融合教育研究推進センター デザイン学ユニット 特定教授
林 晋 京都大学 大学院文学研究科 教授
丸山 宏 (株)Preferred Networks エグゼクティブ・フェロー
湊  真一 北海道大学 大学院情報科学研究科 教授
山田 敬嗣 日本電気(株)中央研究所 理事/価値共創センター長

平成26年度採択分

インタラクションの大規模結合による「学習場」の情報化

研究者(所属)

川嶋 宏彰 (京都大学 大学院情報学研究科 准教授)

オーダーメイド型センサネットの低コスト開発を促進する基盤技術の創成

研究者(所属)

川原 圭博 (東京大学 大学院情報理工学系研究科 准教授)

生体レオロジー特性のセンシングおよび情報処理技術の確立とその医療応用

研究者(所属)

小林 洋 (大阪大学 大学院基礎工学研究科 准教授)

多様な情報源から人間の行動解釈を行う目的達成支援システム

研究者(所属)

坂本 一憲 (情報・システム研究機構 国立情報学研究所 助教)

超分散型標準時を基盤とした時空間計測のクラウド化

研究者(所属)

志賀 信泰 (情報通信研究機構 電磁波研究所 主任研究員)

インタフェース技術を活用した次世代建築および都市環境の設計

研究者(所属)

竹内 雄一郎 ((株)ソニーコンピュータサイエンス研究所 アソシエイトリサーチャー)

触知覚の内的特性に基づく技と感性の共有支援技術の創成

研究者(所属)

田中 由浩 (名古屋工業大学 大学院工学研究科 准教授)

コウモリの生物ソナー機構に学ぶ、ロバストな実時間空間センシング技術の創出

研究者(所属)

飛龍 志津子 (同志社大学 生命医科学部 准教授)

生体情報フィードバックを用いたテーラーメードオンライン教育システム開発

研究者(所属)

細田 千尋 (科学技術振興機構 さきがけ研究者)

マルチスケール社会データに対するモデリング統合技術の開発

研究者(所属)

山田 健太 (情報・システム研究機構 国立情報学研究所 特任助教)

次世代型子育て支援:乳児鎮静化の神経基盤とアルゴリズム

研究者(所属)

吉田 さちね (東邦大学 医学部解剖学講座微細形態学分野 助教)

平成27年度採択分

野生動物装着センサ用の時空間情報補正機構

研究者(所属)

小林 博樹 (東京大学 空間情報科学研究センター 講師)

脳性麻痺障害者の個人適応型コミュニケーション支援システムの開発

研究者(所属)

滝口 哲也 (神戸大学 都市安全研究センター 准教授)

外出困難者が他者やロボットと感覚共有し擬似的に外出するARシステムの確立と社会的普及

研究者(所属)

玉城 絵美 (早稲田大学 人間科学学術院 助教)

「提示系心理情報学」確立のためのウェアラブルシステムプラットフォーム

研究者(所属)

寺田 努 (神戸大学 大学院工学研究科 准教授)

データ実証型医療に向けた非侵襲・高時間分解能生体ビッグデータ収集のための発電センシング一体型集積センサの実現

研究者(所属)

新津 葵一 (名古屋大学 大学院工学研究科 講師)

都市内の人々の活動・交通行動と施設集積メカニズムの解析技術開発

研究者(所属)

原 祐輔 (東京大学 大学院工学系研究科 助教)

歩行の感覚統合過程モデルの構築と誘導手法への応用

研究者(所属)

古川 正紘 (大阪大学 大学院情報科学研究科 助教)

エコファーマによる高速かつ省エネ創薬を実現する情報技術の構築

研究者(所属)

山西 芳裕 (九州大学 高等研究院 准教授)

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ERATO
  • ACCEL
  • ACT-C
  • 国際化強化支援
  • ALCA
  • RISTEX
  • ACT-I
  • 戦略的イノベーション創出推進プログラム
  • 先端計測分析技術・機器開発プログラム
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • JST オープンアクセス方針
  • ご意見・ご要望