【吉本 敬太郎】間葉系細胞の機能を制御する核酸アプタマースキャフォールド

さきがけ研究者

吉本 敬太郎
吉本 敬太郎

東京大学
大学院総合文化研究科
准教授

研究室ホームページ

研究概要

本研究課題では、核酸アプタマーを基盤とする、接着・増殖・分化などの細胞の機能を人工的に制御する新規液性因子やスキャホールドの開発に挑戦します。核酸アプタマーの探索は、主に細胞間接着を担う細胞表面タンパク質などに対して行い、次世代シーケンス法やキャピラリー電気泳動法を活用した独自の改良型 SELEX を用いることで高性能なアプタマーの高効率且つ大量獲得を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望